フランス書院編集部発

【2009年5月29日】

宮園貴志日記

こんにちは、宮園貴志です。

『三人熟女』、いかがでしょうか? 
今回、実母を初めて登場させました。

背徳感は出したいけど、ドロドロすぎてもアレだし、
相姦の館ももっと気色わるくしたかったのですが、
あまりホラーにしすぎても編集さんがいい顔しないし…。
そのへんの線引きが難しかったです

次作は和のテイストで攻めようかと考えております。
ただ、古くさくならないようににしないといけませんね。
実姉、実母ときて、次は別の属性のヒロインを考えています。

私の住む関西はどこもマスクマンだらけ。
通勤電車も極端に空いてるし、小中高校は休校になるし、
どこの店もガラガラ。
最近、ようやく落ち着いてきたところです。

ハト、男の化粧』、官能小説、
この三つに共通するのは何かわかりますか?
答えは、『平和の象徴』です。
平和な日々が戻ることを願っております。

追伸
先日、編集部発に載せていただいた恐竜模型の写真、
あれは『竜脚類』に属するディプロドクスです。
(ただ『首長竜』という言い方も最近はしないようですが)。?

【2009年5月27日】

5.23の苦行

 フランス書院文庫最新刊が配本になり、書店に並び始めているというこの日――5.23に、編集部の皆は遠く離れた地に赴き、苦行を行なっていました。営業活動? 本の宣伝? いえ、違います。人によっては、「成果を試す場」であったり、「普段からやっていること」だそうですが、恐らく、小生など過半数の面々にとっては「苦行」以外の何ものでもないでしょう。詳細については伏せておきますが、野球の一試合分ぐらいの時間をかけて、何の目的もなく炎天下のもとを歩いてみれば実感できると思います。そうそう、サッカーの一試合分ぐらいの時間をかけて電車で移動してから歩き出すと、よりリアルに味わえるでしょう。キャラメルを持参する手もありかもしれません。なお、万が一試された方がいたとしても、その後のお身体の状態について、編集部では一切の責任を負いませんので、ご理解のほどを……。

【2009年5月27日】

美味すぎる新人です!

 新人・我妻馨のデビュー作『熟妻料理教室』が発売になっております。

 フランス書院文庫では初となる「料理」タイトルもので、看板に偽りなく“美味しい”お話です。

 弁当男子なる言葉ができるほどのご時世に生まれた、タイムリーで画期的な作品をぜひご賞味ください。

【2009年5月22日】

誘惑第四世代、デビュー!

今月、デビューする新人さんの作品に
あの神瀬知巳先生 が推薦文を載せてくれました。

「まず2ページ読んでください」
 by 神瀬知巳

とにかく最初のシーンだけでいいから
読んでほしいそうです。

誘惑第四世代・東雲理人のデビュー作。
「未亡人母と隣りのお姉さん
 60日間同居人」

立ち読みでもいいので、
まず「2ページ」読んでみてください。

【2009年5月19日】

最近の編集部

 先日、R文庫の創刊第2弾が発売になったかと思えば、フランス書院文庫の方ももうすぐ発売です。当然、編集部は次へ次へと、先に進んでいるわけですが、この時期は進行や健康(謎)に影響を及ぼす諸々の事態が重なり、さらに大変なのです。
 ところで、この小説分野でR文庫が創刊されたのをはじめ、当欄でもご紹介してきたように、おとなのコミックボックスプラチナ文庫アリスティアラ文庫えすかれシリーズなど、編集部はさらなる新機軸を創造しております。
 小生、内容はわからないのですが、プラチナ文庫アリス、ティアラ文庫については色々とチェックもしました。やはり、新たな発想を目の当たりにすることは、分野は違えど、刺激になるものです。R文庫も負けていられませんよ。

【2009年5月19日】

フランス書院文庫5月刊ラインナップ発表!

 5月22日配本、フランス書院文庫のラインナップは次の通りです。

1642『田沼淳一スペシャル 相姦獣夜』田沼淳一
1643『人妻A【未公開調教】』夢野乱月
1644『三人熟女』宮園貴志
1645『姦禁バス』足利武志
1646『60日間同居人 未亡人母と隣りのお姉さん』東雲理人
1647『熟妻料理教室』我妻 馨

 常に際立つ田沼淳一の「スペシャル」の正体とは?
 御堂乱との対談も好評の巨匠・夢野乱月
 誘惑系のホープから安定株へ、宮園貴志
 タクシーの仕掛け人・足利武志のさらなる挑戦。
 そして、何とも悩ましい雰囲気の漂う画期的な作品で、東雲理人我妻馨の新人二人がデビューします。

 今月も見所満載のフランス書院文庫に、乞うご期待!

【2009年5月12日】

話題沸騰! おとなのコミックボックス

今年の2月末にオープンした
携帯コミックサイト「おとなのコミックボックス」。
おかげさまで非常に好評です!

フランス書院を知らない方も
数おおく会員登録をしてくださっているようです。

既刊コミック(Xコミック)だけでなく、
「おとなのコミックボックス」でしか読めない、
オリジナル連載コミックも盛りだくさん!

今回はその中でも特に人気の高い
「みだら藏【調教】」をご紹介します。
作家は熟女モノで有名な山岡鋼鉄郎先生です。

●登場人物
桐生織江……義母。36歳。未亡人。自分ではそれほど自覚はないが、男好きのする美人。優柔不断なところがあり、DV男やストーカーに狙われやすい。薄幸な美女タイプ。

桐生真弓……兄嫁。32歳。子供はいない。美人。基礎体温をつけ、不妊治療をしている。明るい性格だが、実は寂しがり屋。酒を呑むと淫らになる癖がある。地元の資産家の娘で、いわば令嬢。

桐生智也……主人公。20歳。大学生。母性本能をくすぐる顔立ち。昔からなぜか年上にモテる。義母に想いを抱いている。

●ストーリー
 呉服チェーンを営む桐生家の次男・智也は、義母である織江に淡い恋心を抱いていた。一方、長男の桐生博史とその妻である真弓の仲はギクシャクしており、真弓は酒に酔うと、智也を誘惑するような行動をとることもあった。二人の美しい年上女性に囲まれる智也の私生活。そして、桐生家の屋敷には古い「藏」があり、そこには幼い頃から智也だけが知る、ある秘密があった……。

近親相姦、覗き、誘惑、美熟女……フランス書院文庫のエッセンスがみっしりと詰まった、完全オリジナルストーリー。携帯サイト「おとなのコミックボックス」で好評連載中です。ご興味がある方は、下記のQRコードからぜひどうぞ!

おとなのコミックボックス
http://comic.france.jp/

【2009年5月12日】

R文庫創刊第2弾!

 お待たせしました。

 5月15日配本、R文庫の創刊第2弾ラインナップは、以下の通りです。

6104『おんな蜜猟草紙 蠱惑の剣に憑かれて』伊集院暁 挿画/藤井祐二

6105『隷嬢【人質】』甲斐冬馬 挿画/山本重也
 

【2009年5月7日】

あの流行り病が。

フランス書院編集部はカレンダー通りに営業しております。

しかし、この連休の中日はたまりませんね。いまいち、調子がでないです。木、金とお休みの方がいらっしゃると思うとうらやましくて仕方がありません。

でも、このご時世、仕事があるだけマシだと思わなくっちゃ……

なんか、しんみりしちゃいましたね……。
あれ、俺、とうに三十路も過ぎたけど、いまさら5月病なのかな……
豚フルエンザより、ある意味こわいっすね。

みなさん、ゴールデンウィークはいかがでしたか。
僕は、少し仕事をして、少し遊んで、いつもより少し多く眠って、という、華のない過ごし方をしました。平和がいちばんです。

そうそう、ただいま「フランス書院快楽市」開催中。 ポイント交換品も一気に充実しましたので、一度のぞいてみてください。

あと女子向けエロスを提供しております兄妹カンパニー「プランタン出版」から新レーベル・ティアラ文庫 が新創刊されるようです。「百合もの」もあるようなのでぜひ。サイトはこちらから

ふう、なんか元気が出ないなあ。
GW中に撮った写真をやみくもに掲載して、休日のご報告にかえさせていただきます。ありがとうございました。

【2009年5月1日】

宮園貴志先生より近況連絡が…

フェティッシュな誘惑系作家
宮園貴志先生より近況が届きました!

—————————————————-
正月に「自分へのお年玉」として買った
首長竜の骨格模型が完成しました。
全長50センチのスケール。

いつかこんなのを絡めて
官能小説の新たな世界が拓けないかと思います。
「実母と恐竜 白亜期の淫らな夜」
相姦に狂う首長竜義姉妹と僕

……すみません、つまらんですね。
みなさんも良い休日を!

【編集部より】
宮園先生は近々、新刊が出る予定です。
ドロドロの相姦模様をお楽しみいただけると思います。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.