フランス書院編集部発

【2010年11月26日】

女神、早くも本領発揮!

先日、編集部発でご紹介した書店員のM嬢(さま)が
早くも辣腕ぶりを発揮してくれました!

あおい書店(川崎店駅前店)が、
スゴイことになってます。

なんと、フランスの棚が……

フランス書院文庫で棚7段
さらに美少女文庫で棚3段!

……に、なったそうです。

M嬢いわく
「日本でいちばん
 フランス書院文庫を
 売る店になります!」

さらに、今月売れ行きの良い
『最高のバスルーム【混浴姉弟】』(著:神瀬知巳)を
早くも「追加発注」してくれたそうです。

これをご覧になっている読者のみなさん、
あおい書店(川崎駅前店)に行くしかないでしょう!
新刊、既刊がこれほどそろっているお店はそうありません。

住所:
〒210-0007 
神奈川県 川崎市 川崎区駅前本町8番地
川崎DICEビル4階
営業時間:10:00~21:00

【2010年11月24日】

フランスの女神・M嬢、東京へ!

フランス書院では、編集者たちから
「女神」と崇め奉られる女性がいます!

その名は「M嬢」。

誰なのか?
何をしている人なのか?
なぜ女神と呼ばれるのか?

実は彼女は書店員さんなのです。

博多のあおい書店で働かれていました。
担当は文芸文庫。

そこでフランス書院文庫を売りまくっていました。
全あおい書店の中でトップの成績
あおい書店・博多のフランスの棚はスゴイらしい、と
編集部員の間で話題になっていました。

ずっと九州におられたのですが、
そのM嬢がこのたび転勤で東京へ!
あおい書店・川崎店に異動になられたそうです。

フランス書院ファンのみなさま、
これからは首都圏のあおい書店に注目です!
(今後、M嬢の動向については、
 この編集部発で逐一、ご報告していきます)

【2010年11月22日】

神瀬知巳の散歩

神瀬知巳先生から近況報告が届きました!

一昨日、新宿御苑へ行った時の写真です。
新宿の花園神社、有名ですが行ったことがなかったので、
どんな案配だろうと。

道に迷いながら辿り着きましたが……
いかにも新宿らしい雑然とした感じの神社でした。

酉の市の時期で、出店がいっぱい並んでて、
夜のために準備してました。


新宿御苑は、バラがきれいでしたね。
カメラを持った年配の方が、いっぱいいましたね。
一眼レフや三脚なんかも持ってて。
写真が老後の楽しみになんでしょうね。

【編集部より】
本日『最高のバスルーム【混用姉弟】』が発売になりました。
二人の姉にいちゃいちゃされる弟くんの話です。
お風呂であれやこれや、としてもらいます。
いつも以上に甘く仕上がっているのでご注意を。

【2010年11月22日】

フランス書院文庫本日配本!

本日11月22日は、フランス書院文庫の配本日です!
早い地域では本日の夕方から店頭にならびます。
書店で気に掛けていただけたら幸いでございます。

1750-2『最高のバスルーム【混浴姉弟】』神瀬知巳
1751-9『メイドと巫女と極甘生活』』青橋由高
1752-6『四匹の女教師【言いなり】』御堂 乱
1753-3『【はじめての女】隣人妻と女子大生』秋月耕太
1754-0『そして、蟻地獄生活が始まった』東根叡二
1755-7『五獣相姦』藤原 創

【2010年11月19日】

時代艶文庫、創刊! その1

ニュースです!
来月(12月)、フランス書院に新たなレーベルが誕生します!

時代艶文庫

時代小説のストーリー性に官能描写を融合した、
時代官能小説の専門レーベルです。

12月10日(金曜)に第一弾が発売になります。
下記が創刊ラインナップです。

『美臀おんな剣士・美冬』 
御堂乱

『艶仇討ち 肉刀真剣二刀流』
八神淳一

『みだら忍法帖 くノ一母娘』
星野蜂雀

もちろん、全編、書き下ろしの新作です。

この編集部発で、
各作品の詳細をお伝えしていく予定なので、
楽しみにお待ちください!!

【2010年11月18日】

田沼淳一×美少女文庫

奇才・田沼淳一先生の新作は、
なんと、美少女文庫から!

タイトルは、「お姉ちゃんが食べちゃうぞ がお!」
イラストは、しぐにゃん先生です。

11月17日配本なので、この週末には全国に並ぶはず。
覚えてください、「がお!」です、「がお!」。
書店で「がお!」を見かけたら家まで連れて帰ってあげてくださいね。
 

たぬじゅんファンだけではなく、お姉ちゃん大好きなあなたにもおすすめの一作。「全姉連」でも紹介されていました! すごい!

美少女文庫はたいへん厳しい世界。「トリコ」でいうと「グルメ界」くらいシビア。ぜひとも、支援の一票をよろしくお願いいたします!

【2010年11月18日】

青橋先生の新作紹介&POPつくってみました。

フランス書院文庫11月刊のラインナップが決定しました。
11月22日配本です!

最新刊のなかで、ひときわ目を引く表紙がありませんでしたか?
それはきっと、青橋由高先生の新刊「メイドと巫女と極甘生活」

青橋先生の前作は「僕とメイド母娘」。
今回はメイドだけじゃない、巫女もいます、しかも熟女!

11月18日でひとまず終了、ご好評いただきましたWeb小説「メイドと巫女と甘い生活」を大幅改稿。時代は「甘い」から「ごく甘」へ。面白くて、しっかり淫らな官能小説を読みたい方、ぜひお求めください!

書店さまに「青橋由高特製POP」をお配りしております。

本作を応援してください。担当が土下座をしております。
みなさま、なにとぞよろしくお願いいたします。

【2010年11月16日】

フランス書院文庫11月刊ラインナップ!(表紙画像つき)

11月22日配本予定、フランス書院文庫のラインナップを発表します。

1750-2『最高のバスルーム【混浴姉弟】』神瀬知巳
1751-9『メイドと巫女と極甘生活』』青橋由高
1752-6『四匹の女教師【言いなり】』御堂 乱
1753-3『【はじめての女】隣人妻と女子大生』秋月耕太
1754-0『そして、蟻地獄生活が始まった』東根叡二
1755-7『五獣相姦』藤原 創

神瀬知巳、青橋由高のダブルWeb連載組に、
御堂乱、秋月耕太、フランス書院を代表する人気作家たち、
さらには東根叡二、藤原創と異能の個性派……

「濃い」メンバーになりました!
11月のフランス書院はすごいじゃなイカ!

【2010年11月11日】

いい加減にして

 連日、疲れております。

 諸々の仕事(内容、重要度、物量、〆切etc.において)で疲弊しきっているのに追い打ちをかけるかのように、三日間連続で電車の遅れに巻き込まれました。

(火曜)終電ぎりぎりという状況で、某線が人身事故のため遅延。そのため、自分が乗る予定のものより一本前の電車に乗れ、「何とか間に合うか」と思ったものの、その電車も遅れてしまう。結局、「しばらく停車します」と言った後に「発車します」と混乱したアナウンスにも振り回され、あれこれ乗り継いで終電より10数分オーバーして到着

(水曜)終電より2本前の電車に乗ったものの、並走する某線で人身事故が発生したためこちらもあおりを受けてしばらく停車×2。結局、定刻より60分遅れで到着。終電時刻より遙かに遅い有り様。

(木曜)遅く帰った前日の疲れが残る朝方。なのに、今度は自分が乗る某線でトラブルが発生し、停車&遅延&混雑。結局、定刻の30分遅れで運行し、出社時刻ぎりぎりに会社到着。

 ……タクシーなどで余計な出費がかからなかったのは不幸中の幸いですが、膝の負傷を抱えているというのに走らされ、もううんざりです。

 本日はきちんと帰れるのでしょうか。

【2010年11月8日】

東京スカイツリー

 打ち合わせへ出かけた際、JR錦糸町駅のホームから見えた東京スカイツリーです。「おとこさま……(by 西村寿行)」と、フランス書院文庫の繁栄をお祈りしてきました。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.