フランス書院編集部発

【2012年2月28日】

山口陽先生のフランス書院文庫最新刊!

 山口陽先生の新作は『彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻』
 ただいま、好評発売中でございます。
 本作に登場する3人のヒロインをご紹介!

槙原紗江子(37)
未亡人
。夫を亡くして10年。以来、異性の温もりに触れていない。
だが、身体は豊麗で熟しきっていて……
女手ひとつで育てたふたりの娘もようやく手をはなれつつある。

高梨由紀乃(19)
新妻にして現役大学生。
黒髪でショートボブ、活発な性格。
年の離れた夫との夜の生活に我慢できていない

槙原渚(17)
女子高生。
同い年の彼氏(伸二)とうまく「進展」できていない。
好きなのに、強がりばかり口にしてしまう。

 本作は、今までの山口陽先生と比べて、「しっとりさ&艶っぽさ」が50%増。成長しつづける〝フランス書院文庫の新エース〟その「進化&深化」をぜひご確認ください!

【2012年2月24日】

川島健太郎先生のおみやげ

 フランス書院文庫のイラストレーター、川島健太郎先生からおみやげをいただきました。渋谷の東急Bunkamuraで開催されているフェルメール展に足を運んだとのこと。先生、「渋谷に行ったおみやげ」っていい人すぎますよ……編集部でおいしくいただきました。ありがとうございました。新刊『新しい母【宝物】』のイラストにぜひご注目ください。
 

【2012年2月23日】

フランス書院文庫2月刊、配本!

 本日フランス書院文庫、配本です!
 
本文紹介もアップしておりますので、ぜひご確認ください!

『薔薇と蠍』夢野乱月
『僕の宝物【新しい母】』上原 稜
『彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻』山口 陽
『三人の女教師を「飼育中」』梶 怜紀
『人妻とブルマ』天海佑人
『熟女 溺れ、溺れて…』安藤 仁

 早い地域、早い書店様ですと、本日の午後には店頭には並びます。(来週には全国の書店でお買い求めいただけると思います)
 東京はあいにく雨模様ですが、ぜひ足をお運びください。

【2012年2月17日】

同窓会

先週の土曜日、大学の同窓会がありました。
福島在住の先輩が久々に参加してくれました

福島には浜通り、中通り、会津…という三つのエリアがあり、
浜通り側は確かに被害がひどかったのだけれど、
中通り、会津は水が二週間止まることはあったにせよ、
そんなにひどい被害は出ていないよ、と。

今は復興特需で逆に儲かってるそうです。
あと、「別に反原発じゃないよ」と言ってました。

東京にいると、原発だ、放射能だ、と
福島のことを大げさにとりあげすぎている気がしました。

農作物も基準値以下だと聞きますし、
福島産の食べ物が普通に売れることを願っています。

農家の方などは今も大変だと思いますが、
福島は確実に復興への道を歩んでいる印象を受けました。

写真はその先輩が持ってきてくれたおみやげです。
一人で食べれないので、編集部のみんなで食べてもらいました。

【2012年2月17日】

フランス書院文庫2月刊(帯入り画像)

 2月23日配本、フランス書院文庫最新刊ラインナップです。本日は帯付き表紙画像をご紹介。

『薔薇と蠍』夢野乱月
『僕の宝物【新しい母】』上原 稜
『彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻』山口 陽
『三人の女教師を「飼育中」』梶 怜紀
『人妻とブルマ』天海佑人
『熟女 溺れ、溺れて…』安藤 仁

個人的に目をひく帯は、『人妻とブルマ』の「人妻【いじめ愛】」でしょうか。なんかすごそう……『三人の女教師を「飼育中」』のイラストはフランス書院初登場・立澤準一先生です。ご注目ください!

【2012年2月14日】

バレンタインデー

 本日はバレンタインデーですね。
 編集部にも、もろもろ頂き物がありました。
 本当は画像をアップして紹介したいのですが、自慢になるので(?)やめておきます。「撮影するのも忘れて食べたんだろう」という外野の声は無視しまして……。

 ところで、フランス書院のバレンタインと言えば、新旧の名著があげられます。

『バレンタイン・レイプ』巽飛呂彦(1999年)
『2.14の悲劇 かくて相姦生活は始まった』但馬庸太(2011年)

 いずれも、息つく暇のない凌辱系作品ですが、全く異なる時代背景の中で生まれたものです。

 当時は本格派凌辱小説でならした巽飛呂彦
 現代版ハードボイルド凌辱小説のホープ・但馬庸太。

『バレンタイン・レイプ』は電子書籍で購入できます。
『2.14の悲劇 かくて相姦生活は始まった』も、電子書籍で購入できるようになりました。

 それぞれの味わい、奥行きを満喫してもらえれば幸いです。

【2012年2月13日】

2月刊紹介(時代艶文庫&フランス書院文庫)

 先週の金曜日に、時代艶文庫配本。
 さらに、23日にフランス書院文庫2月刊配本です。

時代艶文庫(発売中)
8127『さむらい三姉妹 春妙寺の娘さらい』御堂乱
8128『武家妻くずし 仇討ち秘話』神室磐司

フランス書院文庫(23日配本)
1840『薔薇と蠍』夢野乱月
1841『僕の宝物【新しい母】』上原 稜
1842『彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻』山口 陽
1843『三人の女教師を「飼育中」』梶 怜紀
1844『人妻とブルマ』天海佑人
1845『熟女 溺れ、溺れて…』安藤 仁

 よろしくお願いいたします!

 

【2012年2月10日】

時代艶文庫、本日配本です

時代艶文庫、本日配本です!
(書店に並ぶのは地域差があります)

「武家妻くずし」のイラストを描いてくださったのは
イラストレーターの加藤美紀さん。
今回、小松みどりさんの映画「好きぼくろ」のパッケージのような
”色っぽい表情で”、とお願いしました。

表紙カバーを見て、どうだったでしょう?
小松みどりさんに負けない「色っぽさ」があると思うのですが…

「さむらい三姉妹」のイラストレーターの浅野隆広さんは
ゲラ(原稿をプリントアウトしたもの)を読まれて、
イラストを描かれる方です。小説を読んで、絵を思い浮かべるそうです。

今回、三姉妹の”出で立ち”は、
小説の中身そのままで、
物語の中から志乃、佐那、真央が抜けだしてきたかのようです。

本はさまざまな楽しみ方がありますが、
イラストレーターさんから楽しんでみるのも
一つの楽しみ方だと思います。

【2012年2月10日】

イラストレーターさん情報

 フランス書院文庫の表紙イラストで活躍していただいている霞香織先生が、本を上梓されました。

『ロボットを描く 基本的なロボットからパワードスーツへの応用まで』(グラフィック社)

 工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工

 ロボットの描き方の本ですか! いやあ、マニアックすぎて取り乱してしまいました。

 中身を拝読させていただきましたが、いろいろなロボットを描くための教科書的な存在になっていると思います。解説も詳しいです。
 興味のある方はぜひお買い求めください。

【2012年2月8日】

フランス書院文庫2月刊ラインナップ

2月23日配本、フランス書院文庫のラインナップを発表します!

1840-0『薔薇と蠍』夢野乱月
1841-7『僕の宝物【新しい母】』上原 稜
1842-4『彼女の母は未亡人・彼女の姉は新妻』山口 陽
1843-1『三人の女教師を「飼育中」』梶 怜紀
1844-8『人妻とブルマ』天海佑人
1845-5『熟女 溺れ、溺れて…』安藤 仁

 新刊書籍情報、仮アップ中です。オビなし画像や、あらすじ、目次、登場人物紹介など)。本文抜粋、オビつき画像、朗読などは、データが揃い次第アップします。

 2月の注目はやはり、若き巨匠・夢野乱月。「宗臣シリーズ」、ついに完結です! さらには、フランス書院文庫・誘惑の陣、上原稜VS.山口陽の対決も見逃せないところ。校了作業中に拝読しましたが、ずばり双方とも傑作です。そして、処女作『飼育中 義母、叔母、そして秘書を…』がヒットした梶怜紀の第二作。『ブルマ調教【義母と義妹】』につづいて「ブルマ」で挑戦、天海佑人。ニューフェイス・安藤仁も登場で、必読の2月刊と相成りました。(でも、現在書店に並んでいる1月刊もよろしくお願いします)

 

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.