フランス書院編集部発

【2012年10月31日】

七人のサムライ~ついに最終週!

2ヵ月弱にわたって開催してきましたフェア、
「七人のサムライ」ついに最終週です。

最終週にふさわしい「ラスト・サムライ」はご存じ、
巨匠・結城彩雨

1970年代後半からSM誌で活躍。団鬼六、千草忠夫と並ぶ巨匠として圧倒的な人気を博す。1986年、デビュー作『人妻凌辱調書』(フランス書院)が大ヒット。2005年には小説に挿画が入った専門レーベル「結城彩雨文庫」がスタート。唯一無二の圧倒的世界観をさらに強固なものへと昇華させた。人妻の美臀へのこだわりは他の作家の追随を許さない。この作家を経験しなければ、フランス書院は語れないといっても過言ではない超重要作家である。

11月5日まで、限定10商品がポイント3倍。巨匠の真髄に触れるチャンス! お見逃しなく。

【2012年10月30日】

電子書籍ニュース

●amazon様で、kindle storeがついにオープン。

フランス書院も参戦しております。弊社は独自で電子書籍販売もしているわけで、ちと不安も感じますが。しかし天下のアマゾン様ですので、このビッグウェーブに乗らないわけにはいかないですね。

●ドワンゴ様のニコニコチャンネル様で、フランス書院文庫チャンネル、開設しております。

なんとなく、つねにメンテナンス中っぽいノリなのが、なんともニコニコっぽい(笑)。今は美少女文庫が目立ってますね。覗くたびに、どこかが改修されている感じに見えるので、ちょくちょく足を運んでみてください。チャンネルといってもまだ動画コンテンツはありませんが、いずれはなにかできたらなあと。

【2012年10月30日】

悩んでいます。

ネット戦略、悩んでいます。当面は、

当欄「編集部発」
サイトの更新情報&書籍情報&。(作家さんの編発企画の持ち込み、常に大募集中!)

「フランス書院文庫編集部twitter」
性の雑学を気軽につぶやきます&たまに告知。

「フランス書院文庫編集部facebook」
現在はtwitterと連動しています。たまにスマホ用壁紙(激レア)をアップしていきたい。

といった感じでいこうかなと思っております。

撮影していて、アップしなかったいただき物の画像をまとめて公開。プランタン出版からのおみやげがあったり、作家さんの結婚式があったり、ブルーベリーどらやきがあったり、阪神グッズの貢ぎ物があったり。

    

【2012年10月26日】

綺羅光Web連載第3回!

綺羅光のWeb連載『女教師と性獣』第3回、アップしております。

25歳の英語教師・篠田凛早(りさ)を襲う凌辱の悪夢は終わらない。

綺羅光よ、清楚な女教師をどこまで堕とせば気がすむのか!

次回更新は11月8日!

【2012年10月24日】

フランス書院文庫新刊発売中

昨日にひきつづき、フランス書院文庫新刊レビュー(その2)です!

1891-2『金曜日の相姦 未亡人ママ・禁姉・美妹』星野ぴあす
ひさしぶりに登場、星野ぴあす。未亡人母、姉、妹――43歳、22歳、16歳が登場する意欲作となりました。最終章の章題は「世界一極甘な相姦蜜地獄」、興味を惹かれたかた、ご一読ください。

1892-9『友人の母【甘く危険な罪人】』村崎 忍
期待の新鋭、デビュー3作目がこちら。誠少年が恋い焦がれていたのは友人の母、絵里子。35歳で下着の輸入販売会社の社長でありながら本人も下着モデルとして活躍中する美熟女で――。下着がとりもつ誘惑ロマンス!

1893-6『准教授の妻は三度狙われる』結城彩雨
巨匠・結城彩雨がひさしぶりにフランス書院文庫に登場。寝室、公園、キャンパスで美臀妻を肛虐調教。マニアの方にはもちろん、「凌辱小説の真髄」を知りたいご新規さんにもおすすめ。

【2012年10月23日】

本日、最新刊配本!(ひとことレビューつき)

本日、フランス書院文庫、最新刊配本です!

今日と明日、2回にわけて、ひとことレビューをどうぞ。

1888-2『藤原家の異常な寝室 すべての女が奴隷になる日』甲斐冬馬
ヒロインは、義理の三姉妹(長女・小百合29歳、次女・茉莉26歳、三女・杏里20歳)と熟母(奈都子)。ハードな濡れ場にご注目ください!

1889-9『交換日記【女教師と僕】』芳川 葵
冒頭部分、ただいまWebサイトで公開中! 未亡人女教師と少年が交わす「交換日記」がまねく、甘く淫らなドキドキ体験。芳川葵の新機軸!

1890-5『三姉妹【あやつる】』河里一伸
フランス書院文庫で「催眠もの」に挑戦! 独身熟女・紅美、兄嫁・藍香、女子高生・若葉が、高校生の「言いなり」に……兄貴が長期出張の間に、美貌の三姉妹を完全調教!

 

【2012年10月15日】

綺羅光Web小説第2回、掲載中

綺羅光のWeb連載『女教師と性獣』第2回、掲載中!

清楚な美貌にもかかわらず、出逢うすべての男を狂わせ魅了する女教師・篠田凛早。その垂涎の美肉に、ついに淫鬼の凌辱の魔手が迫る!……

第3回は、10月25日(木)更新予定です。

【2012年10月10日】

10月新刊、表紙画像(おびつき)

10月23日配本、フランス書院文庫の表紙画像です。

1888-2『藤原家の異常な寝室 すべての女が奴隷になる日』甲斐冬馬
1889-9『交換日記【女教師と僕】』芳川 葵
1890-5『三姉妹【あやつる】』河里一伸
1891-2『金曜日の相姦 未亡人ママ・禁姉・美妹』星野ぴあす
1892-9『友人の母【甘く危険な罪人】』村崎 忍
1893-6『准教授の妻は三度狙われる』結城彩雨

帯つき画像はもう少々お待ちください。(※10月12日 帯付き画像に更新しました)

次世代凌辱エースを狙う甲斐冬馬、新作のみどころを担当に聞きました。
「甲斐冬馬といえば〝剣道部弓道部体育会の、凌辱運動部三部作のイメージが強いと思いますが、今作は新境地です。ご期待ください」

  

  

【2012年10月10日】

七人のサムライ~4人目は綺羅光だ!

7週連続企画。フランス書院「七人のサムライ」フェア。

ついに〝本命〟登場!

4人目のサムライは綺羅光だ!

もはや説明不要、凌辱小説界の伝説的存在。1984年、新書版の『女教師・裕美の放課後』(フランス書院)でデビューしたのを皮切りに、意欲作、問題作を次々と発表、一世を風靡した。代表作に『凌辱女子学園シリーズ』『沙織シリーズ』『魔弾』『女教師・恥辱の旋律』など、枚挙に暇がない。凌辱文学の、文字通り、第一人者として、現在も輝きつづけている偉大なる巨星。

「凌辱女子学園シリーズ」「女教師・沙織シリーズ」「淫猟夢シリーズ」「魔弾!シリーズ」「牝猟」などの名作を、まだ経験されてない方はぜひ! 厳選10作品がポイント3倍。10/15まで

 

【2012年10月5日】

10月刊ラインナップ

10月23日配本、フランス書院文庫のラインナップを発表します!

1888-2『藤原家の異常な寝室 すべての女が奴隷になる日』甲斐冬馬
1889-9『交換日記【女教師と僕】』芳川 葵
1890-5『三姉妹【あやつる】』河里一伸
1891-2『金曜日の相姦 未亡人ママ・禁姉・美妹』星野ぴあす
1892-9『友人の母【甘く危険な罪人】』村崎 忍
1893-6『准教授の妻は三度狙われる』結城彩雨

ただいま絶賛新刊作業中! 業務に忙殺されるなか、印象に残ったことを挙げてみます。ひとごと風なのは、担当外の作品だからなのでご了承ください。

芳川葵、良さそう。「交換日記」というテーマ通りの、趣向を凝らした構成に見どころが。

星野ぴあすが「あまあま」で面白い。軽いタッチの濃厚エロ。宮園貴志、羽沢向一がストライクな方にはハマるのでは。

河里一伸が凌辱風です。新機軸!

他、詳細は当欄で。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.