フランス書院編集部発

【2012年12月27日】

2012年フランス書院10大ニュース

さようなら2012、こんにちは2013――

今年もやってまいりました、この季節。
年末恒例企画、フランス書院10大ニュース。

フランス書院文庫、美少女文庫、そして、プランタン出版(プラチナ文庫、ティアラ文庫、ComicCanna)の2012年を振り返ります。

独断と偏見に満ちた視点で選んでいきます。文責は、10大ニュース4年連続担当、30代のS夫。

それでは10位から参りましょう!

続きを読む

【2012年12月26日】

作家が選ぶこのフランス書院文庫がすごい!2012

作家が「すごい」と思った本は、本当に「すごい!」に違いない――

「作家が選ぶこのフランス書院文庫がすごい!」――熱い声に応えて、復活です! 急なお願いにもかかわらず、当欄で募集したところ8名の作家さんから投票がございました。みなさん、ありがとうございます!

それでは早速まいりましょう。2012年、あなたが読んだあの作品を作家はどう読むのか? はりきってまいりましょう!(作家さんは五十音順に紹介します)

続きを読む

【2012年12月24日】

フランス書院からのクリスマスプレゼント

今日はクリスマスイブ!(なのになぜ僕は会社にいるんだろう)

フランス書院からプレゼント! 今月の新刊朗読(一覧はこちらから)をしてもらった葵つかさちゃんのサンタ画像だ! かわいい!

 

 

【2012年12月21日】

フランス書院文庫本日配本!

12月21日配本、本日、フランス書院文庫配本です!

新刊6点の詳細情報もアップしております。この3連休には全国の書店に配本されるのではないかと思います。書店をのぞいてみてください!

1900-1『恩師の奥さんは未亡人』弓月誠
1901-8『妻の妹【禁忌旅行】』上原稜
1902-5『彼女の母を調教したあの日』早乙女京一
1903-2『美しき共犯者【ママと先生】』有馬童子
1904-9『姦視 囚われ女教師・二十七歳』椎名璃久
1905-6 フランス書院文庫Grande『ひとづま 貞操と略奪』北川右京

朗読は葵つかささん(すごく可愛い)。収録の様子はこちらのブログからどうぞ。

葵つかさのまだまだAoiよねえ 第2章――フランス書院文庫

   

 

【2012年12月21日】

いまだけポイント3倍に!

みなさんにフランス書院からのクリスマスプレゼント!

フランス書院クリスマスSALE

開幕です!

26日の10時59分まで、

電子書籍全商品がポイント3倍。

ポイントは電子書籍とも交換できるので、超お得です。会員登録後、ログインしてからご購入ください。

購入できるすべての電子書籍は、画面上部の「電子書籍」から。

電子書籍のひとことレビューを読みたい方は「今週の新着電子書籍」。

2012年の電子書籍ランキングを参考にしたい方は「電子書籍ランキング」から。(スマホの方はこちら。携帯電話の方はこちら

この機会お見逃しなく!

【2012年12月17日】

フランス書院文庫12月刊「立ち読み」アップ

12月21日配本のフランス書院文庫、

弓月誠『恩師の奥さんは未亡人』冒頭部分をアップしました

しっとりと、そして、じっとりと――醸し出されるなんとも淫靡な雰囲気は弓月誠ならでは。

新刊6点の詳細情報もアップしております。(「立ち読み」と朗読はまた後日)チェックしてみてください。

1900-1『恩師の奥さんは未亡人』弓月誠
1901-8『妻の妹【禁忌旅行】』上原稜
1902-5『彼女の母を調教したあの日』早乙女京一
1903-2『美しき共犯者【ママと先生】』有馬童子
1904-9『姦視 囚われ女教師・二十七歳』椎名璃久
1905-6 フランス書院文庫Grande『ひとづま 貞操と略奪』北川右京

【2012年12月11日】

掲載情報

綜合図書から発売されている「特選小説」増刊、「こんな官能小説が読みたかった[2013年版]」に、フランス書院文庫が多数掲載されています。

他社さんの本を含め、誌上で一番目立っていたのは、間違いなくこの本でした。

これが売れれば、つぎもメイドができるんです……青橋由高先生の『私のご主人さま 和メイドと未亡人と少年と』、みなさまご支援よろしくお願いいたします。ただいま好評発売中です!!

 

【2012年12月10日】

12月Web企画

その1 毎年恒例「2012電子書籍ランキング」大公開中。
あなたがご贔屓にしているあの作品はいったい何位? 電子書籍選びのご参考に!

その2 巽飛呂彦の名著『クリスマス・レイプ』が分冊で帰ってきた!
今週は、『クリスマスの悲劇 エレベーターガール・二十歳』、『クリスマスの惨劇 美人インストラクター・二十四歳』『クリスマスの肉劇 ナレーターコンパニオン・二十三歳』――これがフランス書院流、クリスマスプレゼントだ!

【2012年12月10日】

12月刊フランス書院文庫、発表!

12月21日配本! 2012年最後のフランス書院文庫ラインナップの発表です!

1900-1『恩師の奥さんは未亡人』弓月誠
1901-8『妻の妹【禁忌旅行】』上原稜
1902-5『彼女の母を調教したあの日』早乙女京一
1903-2『美しき共犯者【ママと先生】』有馬童子
1904-9『姦視 囚われ女教師・二十七歳』椎名璃久
1905-6 フランス書院文庫Grande『ひとづま 貞操と略奪』北川右京

   

  

2012年最後を飾るスペシャルラインナップと言えましょう。フランス書院でおなじみの作家、今月がデビューの作家、さらには、フランス書院文庫Grandeと、多士済々の顔ぶれです。

発売まではもう少々時間がございますので、書店で在庫僅少、11月刊の6点も「お読み逃し」なく!

 

【2012年12月7日】

【告知】作家のみなさんへ

ここ数年、年末に当欄でおこなっていた「みんなで選ぶこのフランス書院文庫がすごい!」(毎年12月の編集部発をご参考ください)。今年はやらない予定でおりました。(忘れていたわけじゃないですよ)

ですが、作家さんから「今年もやるんですよね!」とばかりに送られてきてしまいました(うれしい悲鳴)。

というわけで、当欄をご覧の作家のみなさまに告知です。

「2012年に刊行されたフランス書院文庫で、いちばんすごかった本、ベスト3」を送ってください。当欄で掲載いたします。

謝礼としましては――当欄で先生の近刊を、心をこめてご紹介させていただきます・・・でいかがでしょうか。みなさま、よろしくお願いいたします。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.