フランス書院編集部発

【2014年1月31日】

フランス書院官能大賞 1次選考通過作品発表

今回から、年2回発表の賞になりました「フランス書院官能大賞」。

(詳細は2013年12月2日の編集部発をごらんください)

昨年11月末締め切りの応募作品で、1次選考を通過した24作品を発表します。

==============================

『冥王宮・囚われの美囚たち』M.Nさん
『美人先生との淫愛』Y.Kさん
『姉との甘い露出の日々』K.Nさん
『疼き妻・貪欲ダイアリー』K.Kさん
『白い腰』Y.Sさん
『ママと僕』T.Yさん
『終電痴漢地獄』I.Sさん
『大正弄瞞・淫虐偽家族』H.Kさん
『奴隷教師・美咲』T.Oさん
『お姉さんと童貞乱交祭り』Y.Yさん
『宿怨の首輪』K.Kさん
『堕転流娼』T.Iさん
『美人母娘と女教師』H.Yさん
『母の魅惑の蜜壺』T.Sさん
『アフター・マネージメント』T.Oさん
『彼女の姉は、僕専用孕み奴隷 危険日なの、もう膣内には出さないで!』S.Tさん
『処女教師三十二歳 自辱陶酔』M.Hさん
『ツマケイカク』T.Iさん
『隣の人妻』K.Kさん
『罠姦――狙われた美人秘書』M.Yさん
『才色兼備の牝奴隷 人妻教諭 山井加奈』Y.Mさん
『浴室の生贄姉妹』K.Sさん
『色落とし』M.Mさん
『女子大生調教ゼミナール』M.Bさん

==============================

2次選考以降の発表は2月末頃を予定しております。

次回の官能大賞、〆切は5月末日でございます。
惜しくも選外となった皆様もふるってご参加ください。

【2014年1月23日】

本日フランス書院文庫配本です!&ひとことレビュー

1月23日、フランス書院文庫、本日配本です。

期待の新人~話題作まで、多士済々のラインナップ。

ひとことレビューでご紹介させていただきます。

==============================

1978-0『最高の寮生活 四人の女教師と僕』本藤悠

「女教師の独身寮」に入居することになった雅志。23歳、25歳、29歳、35歳……教える得意科目も,、性格も、身体も違う先生たちと過ごす最高の寮生活が開幕! 度肝をぬかれたのは「博多弁」の梨乃先生!……ぜひご一読ください。

1979-7『青い衝動【義母と美母と担任の先生】』但馬庸太

「育ての母」と「生みの母」、そして「新任女教師」が迷い込んでしまった「官能の迷宮」。母であることを忘れ、息子であることを忘れ、禁忌を覚えつつも、快楽にのめり込んでいく「淫獣たち」! 「相姦もの」には定評あり、但馬庸太の実力を感じてください。

1980-3『三匹の人妻社員【営業部・宣伝部・総務部】』早乙女京一

営業部 寛子(29)162センチ、Hカップ。総務部 真由美(24)156センチ、Fカップ。宣伝部 恵美(31)158センチ、Fカップ。各部署のマドンナたちが青狼に囚われオフィスの奴隷に! おすすめは「第一章 人妻凌辱面接」。こんな面接官になってみたいと思うこと必至です。

1981-0『若妻・麗と熟妻・美冬】隣家の悪魔に調教されつづけて』天海佑人

昨年度刊行された『【人妻無惨】夫の上司に調教されつづけて』の好評を受けた、『調教されつづけてシリーズ』。前作とはヒロインも登場人物も設定も違いますが、エロイ雰囲気とクオリティは太鼓判の出来。若妻&熟妻、二人の隣人妻を調教する魔少年にご注目ください。

1982-7『世界で一番身近な禁忌 妻の妹・妻の友人』有馬童子

タイトルで一度使ってみたかったフレーズ、それが「身近」。妻の妹、そして妻の友人という、奥さんのいる方なら「絶対に手を出してはいけない存在」であり、「身近な存在」だということはおわかりいただけるでしょう。官能小説でしか味わえない「スリル」をぜひお楽しみください。

1983-4『クラスメイトの美母は未亡人奴隷』久藤貴緒

タダモノではない新人、登場! 久藤貴緒(くどう・たかお)が描いたのは、哀しすぎる美しすぎる「言いなり未亡人」! 少年の「理不尽な命令」に従っていく37歳の未亡人・沙織。青狼の指令は、熟れた身体を少年に捧げるだけでなく、どんどんエスカレートしていき・・・この新人、「是」か「非」か。皆様、ご支援、よろしくお願いいたします。

以上6作品、気になるものがございましたら、Webサイトで詳細をごらんいただき、書店で立ち読みしてみてください。「これぞ」という作品がございましたらぜひご購入を! よろしくお願いいたします。

【2014年1月15日】

1月刊ラインナップ発表

2014年1発目! 1月23日配本、フランス書院文庫ラインナップはこちら!

1978-0『最高の寮生活 四人の女教師と僕』本藤悠
1979-7『青い衝動【義母と美母と担任の先生】』但馬庸太
1980-3『三匹の人妻社員【営業部・宣伝部・総務部】』早乙女京一
1981-0『若妻・麗と熟妻・美冬】隣家の悪魔に調教されつづけて』天海佑人
1982-7『世界で一番身近な禁忌 妻の妹・妻の友人』有馬童子
1983-4『クラスメイトの美母は未亡人奴隷』久藤貴緒

 

 

 

今月は新人・久藤貴緒(くどう・たかお)がデビュー! 規格外の処女作となっているとのこと……各書籍の詳細画面は、もう少々お待ち下さい!

【2014年1月8日】

デイリースポーツでフランス書院文庫を!

「デイリースポーツ」とフランス書院文庫がコラボ!?

デイリースポーツ紙で、1月4日より「フランス書院文庫・名作劇場」というコーナーがスタート。

弓月誠のデビュー作『年上初体験【僕と未亡人】』が掲載中です。

通勤電車の朝のひととき、フランス書院文庫でお楽しみください。つづきが待てないというという方には、電子書籍で一気読みがおすすめです。

 

【2014年1月6日】

謹賀新年

旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

2014年4月、フランス書院文庫は節目の2000点を迎えます。

1985年の創刊以来、長い年月にわたり多くの皆様にご支持いただいた賜物と、心より感謝を申し上げます。

皆様にご満足いただき、日常生活に良質の刺激をあたえられるような作品をお届けできるよう、本年も不断の努力を重ねて参ります。

フランス書院文庫、ならびにフランス書院Webサイトへの変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

【2014年1月25日】

フランス書院文庫が買えるお店(大分1)

九州にお住まいの
フランス書院ファンのみなさんに
艶ざかりの女営業部員・T嬢より吉報です!

>大分でフランス書院文庫が買えるお店といえば、
> 明林堂書店・大分本店
>をご紹介しないわけにはいきません。

>大分市内からほどよい近さ にあるこのお店には、
>フランス書院文庫が棚ざしから面陳列まで充実。
>明林堂書店といえば、九州を中心に、
>西日本一帯にチェーン展開する巨大書店グループ。
>特にこの大分本店は、ここに行けば、
>たいていの本が揃うと評判のお店です。

>近くにお住まいの方、またお仕事やご旅行で、
>大分に行かれる予定のある方は
>ぜひ「明林堂書店・大分本店」へお寄りください。

【店舗データ】
明林堂書店・大分本店
住所:大分市王子南町35番
営業時間:10:00~23:00 無休

【編集部コメント】
明林堂書店・大分本店のご担当者さま
こんなにすばらしい棚 をつくっていただき、
編集部一同、深く感謝しております。

大分のフランス書院ファンのみなさん、
これからは新刊の発売日には、
明林堂書店・大分本店 へ!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.