フランス書院編集部発

【2017年4月28日】

千賀忠輔先生インタビュー

4月24日配本のフランス書院文庫、

『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』でデビューした、

千賀忠輔(ちが・ただすけ)先生のインタビューです。

Q1:応募のきっかけ、官能小説を書こうとした動機は?

近年のサッパリした官能小説が食い足らず、コテコテしたハードな妄想を入力し始めた次第です。官能大賞に投稿し続けていたのですが、第14回は最終発表後二週間過ぎてからファイナリストとだったと気づき、第15回はなぜこれが最終まで残った? 16回は講評を見て「確かに妊婦への愛はないよなぁ。きちんと読まれてるなぁ……」と唸っていましたね。

Q2:影響を受けた作家・作品、好きな作品は?

官能小説のとっかかりが海外翻訳物のため、トークン、イーガン、アルドリッチといったお歴々の作品類が頭に刷り込まれています。そこから千草忠夫先生、館淳一先生ら日本人作家へと移行し、綺羅光先生、田沼淳一先生、黒沢淳先生、御堂乱先生に夢野乱月先生の作品類でしょうか? 作家買いをしたつもりはないのですが、よくよく本棚を見るとそれら先生方の作品が収まっていました。御堂先生と並んでの出版とは光栄です。また来月は夢野先生の新作が出るとのこと。楽しみです。

Q3:『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』を執筆してみて感じたことは?

出版を意識した原稿入力はもちろん初めてで、すべてが手探り状態のため脂汗のかき通しでした。夜間敵陣地に落下傘降下後、夜が明けたら地雷原の真っ直中だったみたいな心境と心細さ。質問しようにも何をどう尋ねた物かが分からない。折悪く本業がゴタゴタし時間が取れなくなる不測の事態も加わり、夜パソコンに向かいながら、「えらいことになってしもうた」と呟いていました。読むと書くとはえらい違いで、官能小説の難しさを改めて思い知らされた次第です。

Q4:『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』を実際に手にしての感想は?

もちろん見本は頂いているのですが、実際、書店で購入してみました。書店でレジに出したとき、初めてエロ本を買ったときの気恥ずかしさを思い出しました。その当時、自分がフランス書院から本を出し、それを怖ず怖ずと店員に渡すことになるなど想像もしなかったなぁ。

Q5:『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』で注目して欲しいところは?

注目と言いますか、時流に反したえぐ味と中華料理的なコテコテ感を愉しんで頂けたら、と思います。

Q6:『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』で思い入れのあるキャラは?

いじり甲斐のある壊れキャラ、次女の満里奈さんでしょうか? あとは長女の琴音さんかな? 思い入れとは異なりますが、琴音編に差しかかった段階でページ数が絶対的に足りなくなり、「この後、どーしてくれようか……」とさせられたキャラであります。

Q7:マイブームは?

ブームとは言えませんが、ここしばらくのバタバタで二胡の練習が出来ず、すっかり音が錆びてしまったのでリカバリーしないと。あとは新鮮な食材を供給してくれる庭先菜園の整備かな? そう言えば今年はまだ味噌を仕込んでいないし、パン種も切らしてしまったので酵母エキスも作らなきゃ……。

Q8:今後の抱負は?

私の手に余るミッションではありますが、80年~90年台の自由闊達、何でもありのバイオレンスかつ猥雑な世界観をほんの少しでも復古できたらいいなぁと思っています。

【2017年4月26日】

第18回フランス書院文庫官能大賞、結果発表延期のお知らせ

いつもフランス書院をご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。

第18回フランス書院文庫官能大賞の結果発表ですが、例年以上に優れた作品が多く最終選考にかなりの数の作品が残り、選考が非常に難航しております。

誠に申し訳ございませんが、結果発表を5月上旬に延期させていただきます。

投稿者の皆様、そして新しい才能の登場を期待している読者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

【2017年4月24日】

ひとことレビュー『ヒトヅマカリ ―人妻借り―』川俣龍司(原作)イナフミン

4224『ヒトヅマカリ ―人妻借り―』川俣龍司、(原作)イナフミン

大好評、フランス書院ノベライズ!

今回は、あの「寝取られ同人コミック」を完全再現!

息子の難病治療のため、資産家にすがる若夫婦。

多額の手術費と引き替えに提示されたのは、

1年間、妻・美咲の身体を貸し出すこと――

原作・イナフミン × 新鋭・川俣龍司

暴走する「黒い衝動」を、お見逃しなく!

【2017年4月24日】

ひとことレビュー『僕の家には三人の痴女がいる』香坂燈也

4223『僕の家には三人の痴女がいる』香坂燈也

「痴女」と書いて「みぼうじん」と読んでください。

次期エース候補として期待される

香坂燈也(こうさか・とうや)の、

未亡人ハーレム小説!

未亡人大家、未亡人女教師、未亡人ナース

三人の未亡人が、

いやらしくて、かわいくて、チャーミングな「痴女」に……

すべての官能小説ファンにおすすめ。

今月、最注目の1冊です!

【2017年4月24日】

ひとことレビュー~『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』千賀忠輔

4222『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』千賀忠輔

最強新人・千賀忠輔(ちが・ただすけ)

フランス書院文庫に襲来!!

恩師の奥さん・陽子への姦淫が、悲劇の始まりだった。

優等生の仮面を脱ぎ捨て、淫獣に変貌した俊二は、

24歳、20歳、18歳――陽子の三人の美しい娘すらも標的に……

フランス書院文庫官能大賞「ワイルドカード」で登場した、

千賀忠輔(ちが・ただすけ)。

この「才能の煌めき」、ご賞味ください!

 

【2017年4月24日】

ひとことレビュー『女教師【完全調教クラブ】』御堂乱

4221『女教師【完全調教クラブ】』御堂乱

400ページを超える、圧倒的ボリューム。

これが御堂乱(みどう・らん)の女教師凌辱だ!

第一章 先生を孕ませる会

から、御堂乱ワールドが炸裂。

新任女教師(22)、人妻女教師(34)、未亡人女教師(39) 

VS

狂った悪童

「女教師小説」のニュースタンダードとなりうる一冊です。

凌辱小説ファン、必読!

【2017年4月24日】

ひとこことレビュー『義母と温泉旅行【ふたりきり】』神瀬知巳

4220『義母と温泉旅行【ふたりきり】』神瀬知巳

デビュー以来、フランス書院文庫で不動のセンターとして君臨

官能小説の「神の子」神瀬知巳(かみせ・ともみ)

Web連載で大好評だった、「淫らな新居【嫁の母、嫁の妹】そしてハーレムが続く」を、大幅加筆し、ファン待望の電子書籍化!

ぜひ「淫らな新居【嫁の母、嫁の妹】」とあわせてお読みください!

【2017年4月24日】

ひとことレビュー~『熟女家政婦・麻里子と明美』葉川慎司

4219『熟女家政婦・麻里子と明美』葉川慎司

掃除に励む家政婦

突き出した熟尻が、

むっちりしたふとももが、

腿の奥で垣間見えるパンティが、

少年の淫心を刺激する!

少年を翻弄する、2人の熟女家政婦、麻里子と明美。

熟れ肉にはある「秘密」が……

葉川慎司(はがわ・しんじ)伝説のデビュー作、

「僕の家に来た美しすぎる家政婦」

以来の「家政婦小説」です。

【2017年4月24日】

フランス書院文庫4月刊、本日配本

フランス書院文庫4月刊は本日配本です!

4219『熟女家政婦・麻里子と明美』葉川慎司
4220『義母と温泉旅行【ふたりきり】』神瀬知巳
4221『女教師【完全調教クラブ】』御堂乱
4222『淫獣の襲来 先生の奥さんと娘三姉妹』千賀忠輔
4223『僕の家には三人の痴女がいる』香坂燈也
4224『ヒトヅマカリ ―人妻借り―』川俣龍司、(原作)イナフミン

     

今月は、神瀬知巳御堂乱という、誘惑小説、凌辱小説のエースが登場。さらには、次期エース候補・香坂燈也、フランス書院文庫ノベライズ、そして新人・千賀忠輔葉川慎司の「家政婦もの」と、かなりの「好ラインナップ」となりました。

次記事から、編集部からの「ひとことレビュー」を掲載します。

お好みの一冊に出会えることを祈っております。

【2017年4月21日】

東京駅のど真ん中でフランス書院文庫を売ってます!

三省堂書店 東京駅一番街店

東京駅の中にある本屋さん。

天崎僚介先生の「義母風呂」が売れているそうです!

みなさんも近くにお寄りの際はぜひ!

2017/ 4/20 11:12

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.