フランス書院編集部発

【2018年7月23日】

ひとことレビューその4~『夜這い調教 妻の母、妻の妹を』但馬庸太

4312『夜這い調教 妻の母、妻の妹を』但馬庸太

良作をコンスタントに発表しつづける但馬庸太(たじま・ようた)。

もうすぐ、フランス書院デビュー10周年を迎えようとしています。

栄枯盛衰が激しい官能小説界で、書き続けられた才能は、伊達じゃない。

本作は、「王道夜這い+妻の母」に挑戦です。

但馬庸太、さらに進化しております。

ぜひお手に取ってご一読ください!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.