フランス書院編集部発

【2018年7月23日】

ひとことレビューその5~『未亡人兄嫁と未亡人女教師 熟れざかり、みだらざかり』天崎僚介

4313『未亡人兄嫁と未亡人女教師 熟れざかり、みだらざかり』天崎僚介

「新しさ」と「なつかしさ」を感じさせる官能小説。

天崎僚介(あまさき・りょうすけ)の作品はこんな評価をされることが

多いように思います。

本作の仮タイトルは「熟女のひざまくら」

未亡人兄嫁の「ふともも」をご堪能ください。

西門京、牧村僚がお好きな読者におすすめの

「やさしい世界」です。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.