フランス書院編集部発

【2019年10月23日】

ひとことレビューその2~『敗北の牝豹【人妻身代り捜査官】 女交渉人と呼ばれて』御堂乱

4400『敗北の牝豹【人妻身代り捜査官】 女交渉人と呼ばれて』御堂乱

現代の世界で最強、最高の凌辱小説家のひとり、御堂乱(みどう・らん)。

最新作は御堂乱のキャリアのなかでもファンの多い「人妻捜査官もの」に、

「身代わり捜査官」という新味を加えました。

白昼の結婚式場で発生した立てこもり事件。

犯人との交渉役として、単身乗り込んだ人妻捜査官。

現場で待っていたのは肉地獄だったとは!

「鉄板の面白さ」をお約束します。

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.