フランス書院編集部発

【2020年1月23日】

ひとことレビューその3~『奥ゆかしいのにいやらしい四人の未亡人』音梨はるか

4419『奥ゆかしいのにいやらしい四人の未亡人』音梨はるか

はやくも4作目となる、音梨はるか(おとなし・はるか)

最新作は、「王道未亡人」もの、です。

兄嫁、義母、女上司、叔母……

若くして未亡人となったしまった四人の美女。

喪服に隠された女の淫性が、いま――

「匂い」や「腋毛」という単語がおどる本作の見出しに、

反応したお客様。

要チェックです!

月別アーカイブ

検索

Copyright©1999- FRANCE SHOIN Inc. ALL rights Reserved.