電子書籍アプリ「book-in-the-box」がiOS10に対応しました。

12月5日(月) 9:00-17:00頃にかけて、サイトリニューアルのためサービスをご利用いただけません。
ご不便をおかけしますが何卒よろしくお願いいたします。 
※メンテナンス時間は、多少前後する可能性もございますので予めご了承ください。
 

第18回フランス書院文庫官能大賞のお知らせ

2016年度、第18回フランス書院文庫官能大賞の要項につきましてお知らせいたします。

各賞の受賞作品は、フランス書院から刊行されることはもちろん、賞金を授与いたします。

フランス書院文庫官能大賞は前回より、従来の大賞・特別賞・新人賞に加え、ノンフィクション賞を設けました。性にまつわる史実や、記録に基づいた作品を対象とします。性の雑学、性風俗、AV、フェティシズム、HOW TO SEX、アナルセックス、フェラチオ、ドライオーガズム、スワッピング……〝性〟に関係する作品なら何でもかまいません。みなさんの研究や体験レポートをお待ちしています。

応募資格は、プロ、アマを問いません。すでに新聞や雑誌、あるいは他ジャンルで活躍中のプロ作家による作品もお待ちしております。パワーと、新しい刺激に満ちた作品であるならば、テーマは自由です。

また、賞は設けませんが、編集部では常にカバーイラスト、挿絵の新たな才能を募集しております。下記宛先に作品をお送りください(直接の持ち込みは受け付けておりません)。なお、イラスト、絵は返却できません。必ずコピーでご応募ください。お仕事をお願いしたい場合、こちらからご連絡を差し上げます。

フランス書院文庫官能大賞 賞金100万円
特別賞 賞金30万円
新人賞 賞金30万円
ノンフィクション賞 賞金30万円
応募規定
応募資格
  • プロ、アマを問いません。
  • 自作未発表作品に限らせていただきます。
    (※Webなどに発表した作品でも、商業作品でなければ応募可能です)
原稿枚数
  • 自由。
  • CD-ROMのみでの応募はお断りします。
    必ずプリントアウトしたものをお送りください。
応募原稿のスタイル
  • パソコン、ワープロで応募の際、原稿用紙の形式にする必要はありません。
  • 原稿第1ページの前に、簡単なあらすじ、タイトル、氏名、住所、年齢、職業、電話番号、あればメールアドレス等を明記した別紙を添付し、原稿と一緒に綴じること。
    (※本名や住所が発表されることはありませんのでご安心ください)
締切り日
  • 平成28年11月末日(消印有効)
    (※フランス書院文庫官能大賞は毎年5月末、11月末締め切りで、年2回の募集となります)
応募方法
  • 郵送に限ります。
  • 尚、応募原稿は返却いたしません。
  • 手書きの方はコピー原稿で応募することをおすすめします。
  • ノンフィクション部門へのご応募の場合は、宛名に「フランス書院文庫官能大賞 ノンフィクション部門」とお書きください。
宛先

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-1
株式会社フランス書院
フランス書院文庫官能大賞係

問い合わせ先

03-5226-5741
フランス書院文庫編集部

よくある質問

Q:発表はいつですか?

A:応募を締め切った月の翌々月に一次選考に残った作品を当サイト上で発表します。その後、最終候補作品を順次、発表していきます。


Q:ちゃんと原稿が届いたか心配なんですが……

A:ご不安な方は配達確認の可能な宅配便などをお使いください。


Q:自宅にいきなり「フランス書院」を名乗って連絡されては困るのですが……

A:作品の性質上、プライバシーには配慮しています。メールアドレスがある場合はなるべくメールで連絡をとるようにしています。


Q:何枚ぐらい書けばいいですか?

A:枚数は基本的に自由です。どうしても目安が知りたいという方には「四百字詰めで100ページ前後を目標に書いてみてください」とアドバイスしています。


Q:官能大賞以外の窓口はないのですか?(編集部に原稿を持ち込んでもいいですか?)

A:当編集部における応募原稿の窓口は「フランス書院文庫官能大賞」のみです。また、編集部への直接の原稿の持ち込みは、いっさいお受けしていません。


Q:ひとりで複数の作品を応募してもいいんですか?

A:ひとりで何点応募してもかまいません。複数の応募作品を、ひとつにまとめても、別個でも、どちらでもかまいません。