新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

僕の新生活
おばさまと二人の美娘と

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
(すごい、薫君の××、信じられないくらい気持ち良い)
未亡人の空閨にみっちりと埋められていく張り詰めた亀頭。
突き込まれ引き抜かれるごとに38歳の躯は悦楽の頂点へ。
女子大生の菜央美には甘美で危険な「お仕置き」を命じられ、
生徒会長の結花からは獣の体位での処女喪失をお願いされ……
久瀬家の美母娘に溺れ狂わされる、最高の新〝性〟活!

●もくじ

序章 新しい生活 久瀬家の美しすぎる母娘

一章 新しい経験 未亡人・沙苗のフェロモン

二章 新しい快感 女子大生・菜央美のお仕置き

三章 新しい恋人 女子高生・結花の歪愛

四章 新しい姦係 全員が美獣に変わる日 
登場人物:
さなえ(38歳)年上女(熟)、なおみ(19歳)女子大生、ゆか(-歳)女子高生
シチュエーション:
言葉嬲り | 誘惑・挑発 | フェチ | 処女
立ち読み
「今日だけじゃなくて、これから毎日沙苗さんとセックスしたい。このおま×こに、僕のち×ぽを何度もぶちこみたいです」
  包み隠す素振りすらない淫獣の渇望が、少女と見紛う愛らしい少年から搾りだされる。高校二年生の放つ一言一句が、麻薬となって童顔の未亡人を誘惑した。
(ダメよ……こんなこと言われたら、抑えきれなくなっちゃう。薫君とのセックス、止められなくなるっ)
  亡夫への貞操と煮えたぎる肉欲の妥協点を探り、たった一度と決めた年下の少年とのセックス。薫の淫らすぎる賞賛は消化されるべき淫らな願望を押し止め、それどころか以前よりも大きく燃えあがろうとしていた。
「こうやってキスしながら、何時間も沙苗さんを犯したいです。ずっとこのおま×こをち×ぽで味わっていたい」
「んんっ、チュッ……お願い、許して薫君っ……んふっ、んんっ」
  少年が熱烈に唇を吸いながら、ズンッズンッと力強く腰を打ち落とす。舌肉を翻弄される幸せと股座で掻き回される肉悦が、沙苗の決意を混濁の渦へと巻きこんでいく。
(何時間もセックスなんてされたら、絶対に堕とされちゃう。私のおま×こ、薫君に寝取られちゃう)
  沙苗に教えられた腰遣いではなく、薫は本能のままに猛烈なピストンを繰りだす。決して洗練されているとはいえないものの、欲情に燃え盛る巨根を叩きつけられているのだから、媚肉が悦ばないはずがない。
  若い精をもう一度貪ろうと、膣が淫らな収縮で応じる。
「沙苗さんがこんなにエッチで魅力的だってわかったから、もうこれから我慢できそうにないです。毎日悶々として、いつかクラスメイトをレイプするかもしれません」
「あぁんっ、そんなレイプなんて……ダメよ、いけないことよっ」
  優しい少年が強姦などするはずがない。それなのに、こんな脅迫じみたことをわざわざ沙苗に宣言する理由は一つしかなかった。
(言い訳を作ってくれているんだわ。薫君、私の立場を慮って……)
  沙苗が久瀬家に嫁入りした仔細は知らなくても、二人の娘の母である立場を踏まえれば他の男とセックスしたいなどと言えないことは明白だ。
  それでいて、薫はこのセックスで沙苗が悦美に泥酔すると知ってしまった。
  沙苗がセックスを望めない立場なら、セックスをする言い訳を与えてやればいいと考えたのだろう。
(自分が泥を被るような真似をして……こんな言い方されたら、私もう──)
  薫を拒否する動機が薄れていく。代わりに込みあげてくるのは、これから始まる少年との快楽に溺れる夢想の日々だ。
「あんっ、レイプなんて絶対ダメよっ。これから毎日私がセックスしてあげるから、絶対にレイプなんかしたらダメッ」
「本当ですね。これから沙苗さんを犯していいんですね。このおっぱいを揉みながら、僕のち×ぽを好きなだけハメていいんですね」
  少年が獣欲を剥き出しにし、嗜虐的に乳房を鷲掴みする。指の間から突出した乳首が赤く充血して腫れあがり、爆発を想起させる快楽を沙苗の脳裏に散らした。
  媚欲に支配された四肢が悦美に痙攣し、ナチュラルベージュの輝糸に透かされた足指が甘い懊悩に喘ぐ。
「おっぱいだけじゃないわ。この唇も脚も、全部薫君の好きにしていいのよ。あんっ、私の身体に好きなだけ薫君のエッチな欲望をぶつけてっ」
  少年の性欲の捌け口になると牝悦に酔う未亡人は誓う。淫蕩すぎる約束を交わすと、薫はタガが外れたように猛然と腰を突きだした。
「あぁんっ、またイクッ。薫君におちん×ん突っこまれて沙苗、イッちゃうっ」
  沙苗の言われた通りではなく、性欲の赴くままにぶつけられる少年の股座。これまで未熟な彼女達のせいで発揮できなかった、牡の本能が込められた雄々しい抽送。
  細身の身体にはアンバランスな、それでいて魁偉な魔羅にふさわしい精強な腰遣いが、三十八歳を恍惚の渦に沈めようとしていた。
小説の朗読 声:古川いおり

こがわ いおり

9月25日生まれ T155-B83-W58-H88 主な作品として『はんなり和美人家政婦』『古川いおりが好きすぎて 古川いおりが彼女になってた』『俺の名は古川いおり。』『Iori Australia Dream』他多数。

古川いおりOfficial Blog「彩りの散歩道」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧