新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

部下の婚約者

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1985/07/23
    ISBN:
    978-4-8296-0018-4
書籍紹介
腕のなかで激しく妖しく乱れる若い肢体。
歓喜で打ち震える女が約束した一夜限りの情事。
……男は部下から紹介された婚約者を見、
驚愕を、次いで劣情の嵐を覚える!
眼前に現われたフィアンセ吉井みどりは
あの夜、倫子と名乗り、悶えた美女だったのだ。
登場人物:
りんこ(23歳)婚約者、ともこ(21歳)OL、かおり(20歳)女子大生、エミリー(-歳)OL、かずえ(18歳)新入社員
シチュエーション:
オフィス | 露出(下着・水着・裸) | 浴室 | 処女 | 肛姦
立ち読み
「結婚を前提にしなくてよかった、と思っているのでしょう」
  倫子は恥ずかしそうに言う。
「そんなことはないよ」
「初対面の男の人とホテルに行く女を、本気で妻にしたいと思う?」
「君だって、誰とでもホテルに行くわけじゃないだろう」
  指で女芯を探索する。女芯は静かに溢れ始めていた。
「さあ、どうかしら」
「初めて見たとき、処女かな、と思ったよ」
「処女は絶対にひとりで飲みになんか行かないわよ」
「しかし、胸を見た感じでは、あまり男性経験は無さそうだね」
「胸を見ただけで、そんなことが分かるの?」
「女の体は男性体験を重ねると、微妙に変化するからね」
  宮田は舌で小さな乳房をとらえた。舌で突かれ、乳首は硬く尖った。
  宮田は体をずらし、女芯に顔を伏せた。
  倫子の足を大きく開かせ、舌で小さな花芯をとらえる。
  倫子は小さな悲鳴のような声を挙げ、体を波うたせた。男に奉仕される女体を天井の鏡がうつし出し、それを倫子は見ているはずだった。
  女液が急速に湧き出した。
  しばらく花芯と遊んでから、宮田はひとつになることにした。
  その前に、女芯を観察する。女芯は中心部がピンク色に輝き、その周辺を薄い褐色が彩っていた。まだ、あまり使いこまれていない女芯だ。
「ね、ふたつだけ約束して」
  宮田を迎え入れる前に、倫子は真顔で条件をつけた。
「お互いに何者であるか詮索しないことにしましょうね。それから、どこで出会っても、見知らぬ他人同士を装って、会釈したり、言葉を交したりはしないこと。このふたつを約束してほしいの」
「いいよ」
  宮田は、大きくうなずいた。今はどんな条件をつけられても、うなずくほかはない。とにかく、ひとつになりたかった。
「そっとしてね、乱暴にしないで」
  倫子は体を震わせながら、ジュニアを迎え入れた。
  ベッド・サイドの壁の鏡が、浅黒い男の体に組み敷かれた白い女体をうつし出した。
  宮田は、倫子の首を鏡のほうへ向け、見るように、と言った。
「私が犯されている……」
  倫子は喘ぎながら呟いた。
  女芯が女液で溢れるのを、ジュニアは感じていた。
小説の朗読 声:白木優子

しらき ゆうこ

1月25日生まれ T150-B84-W59-H85 主な作品として『人妻の告白』『女教師優子の筆下ろし性教育指導』『羞恥に濡れた、ランジェリー。』『ぐっしょり濡れたシーツ 再会から始まる激情性交 』他多数。

白木優子Twitter
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧