新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

背徳の花芯

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1986/02/23
    ISBN:
    978-4-8296-0046-7
書籍紹介
「ひとりで淋しいんだろ、奥さん」
後ろから抱かれ、無骨な指が腰を這う。
夫の入院に乗じ、新婚の若妻を襲った恐怖!
弱みにつけ込む隣人に心では抵抗しながらも
女の歓びを知ってしまった美佳の花芯は
熱くじっとりと濡れはじめる……
登場人物:
みか(-歳)人妻、ゆみ(28歳)人妻、ともみ(29歳)人妻、えいこ(73歳)未亡人、りんだ(28歳)女子大生
シチュエーション:
凌辱 | 公園 | 病院 | 張型(バイブレーター) | 兄妹相姦
立ち読み
「何をするの」
  ようやくの思いで唇をはずすと、美佳は大声を出した。
「奥さんを抱くのさ」
  熊川はライトを消し、エンジンを切ると、リクライニングシートを倒した。美佳を押し倒す。
「やめて。これ以上、変なことをすると、訴えるわよ」
  美佳は熊川を突きとばそうとした。熊川は美佳を押し倒したまま、ブラウスのボタンをはずした。
「変なことって、こうすることかね」
  ブラジャーを上に押し上げて、露出した乳房をつかむ。
「やめて」
  美佳は悲鳴をあげた。
「それとも、変なことというのは……」
  熊川はスカートの下に手を伸ばし、パンティの上部から、手を入れた。
「お願い。そんなことはしないで」
  美佳は泣き声になった。
  膝頭を合わせ、熊川の手を拒む。熊川の膝が美佳の太腿を割った。太い指が茂みの下の花芯を探る。
「ちゃんと濡れてるんじゃないの、奥さん」
  熊川はニヤニヤしながらキスをしようとする。
  美佳は顔をそむけた。こんなときに、どうして体が潤むのか、さっぱり分からない。
  熊川の指が芯芽を探り当てた。美佳は小さな叫び声をあげた。熊川の顔面を爪で引っ掻く。
  不意をつかれて、熊川は美佳をはなした。その隙に美佳は外へ逃れようとした。
  しかし、美佳は手を強くつかんで引き戻されると、頬を平手で張り飛ばされた。芽から火花が出るような平手打ちだった。
  続いて左と右の頬を一発ずつ平手打ちが襲った。思わず、美佳は両手で顔を覆った。
  下半身に隙を生じた。熊川は素早くパンティをずりおろす。
「やめて。お願いですから、やめてください」
  美佳は哀願した。
「だめだ。途中でやめるわけにはいかない」
  熊川はベルトをゆるめて、ズボンとパンツを一緒にずり下げた。ジュニアはいきり立ち、下腹部を叩かんばかりだった。
  熊川は美佳の両脚の間に膝をついた。
  美佳は股間を両手で防禦しようとして、再び頬を張り飛ばされた。
  花芯が無防備になる。はっと思ったときには、男の力がきしみながら、進入していた。
  美佳は腰をひねってはずそうとしたが、深々と貫いた男をはずすことは、不可能だった。
  美佳の胸に熱いものがこみあげてきた。
  ――和彦さん、ごめんなさい……。
  心の中で美佳は夫に詫びた。涙が眼尻から溢れ、シートにしたたり落ちた。
  熊川は無抵抗な美佳を犯し、欲望を奥深く炸裂させた。
小説の朗読 声:範田 紗々

はんだ ささ

4月18日生まれ T158-B90-W59-H82

主な作品として『ホームジャック』『殺し屋・蘭 美しき処刑人』『過激派オペラ』『いびつ』『凶悪』『ぐちゃぐちゃ』『ホームジャック リバース』、写真集『紗々‐sasa‐』他多数。

範田紗々のジャイアントパンダ日記
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧