新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

OL・人妻 競艶

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1987/03/23
    ISBN:
    978-4-8296-0119-8
書籍紹介
今夜は支店長のあれで、体の奥まで充たして欲しい!
男心をそそるOL・美紀は、ピチピチ新鮮な18歳……
そしてできる、社内相姦の輪と名器の代償。
金曜日の夜、暗闇のなかに蠢く
OL・熟妻たちの淫らな競艶!
登場人物:
みき(18歳)OL、つやこ(28歳)人妻、なおこ(28歳)人妻、えいこ(18歳)銀行員、みさ(19歳)OL
シチュエーション:
処女 | 凌辱 | オフィス
立ち読み
「いい匂いだ。男殺しの匂いの持ち主だね」
  道永は匂いを抱きしめるようにして美紀を包み、耳元で囁いた。
「強烈な口説き文句ね」
  美紀は熱をもったような目で道永を見上げる。
  道永は女の匂いにせきたてられるように裸になり、美紀をベッドに押し倒した。
  美紀は小さな叫び声をあげた。抵抗らしい抵抗はしない。わずかに体を固くしただけだ。
  道永は美紀の体からブラジャーを外した。白く盛り上がった乳房が現れた。張りのある豊かな乳房だ。押さえつけていたブラジャーが取り除かれて、乳房は大きく深呼吸をしているように思われる。
  大きさは一人前だったが、乳房はどことなく幼さを残していた。乳輪も乳首も小さい。色はピンクから薄茶色に移行しかかっているが、乳首の先端は内側に折れ込んでいる。
  その小さな乳首を道永は唇で捕らえた。舌の先で押すようにすると、乳首は固くなり、内側が盛り上がる。
  喘ぎ声が美紀の唇をついて出た。
  乳房の感触を唇で充分に楽しむと、道永は、美紀のパンティをパンストと一緒に脱がせた。逆三角形に整った叢が出現した。押しつぶされたようになっているが、全体が盛り上がっている。土手高の女芯のようだ。
  ──俺の好みだな。
  道永は男の欲望を燃えたたせた。
  唇で首筋や耳や胸などの上半身を、手で太腿や脇腹や膝の内側を愛撫する。愛撫への反応は敏感だったが、ぴったりと合わされた膝頭は容易に開こうとはしない。
  ──処女かもしれないな。
  道永はそう思った。
  処女ならば、長く、執拗な愛撫はかえって嫌がられる。道永は自分の膝を美紀の太腿と太腿の間につき立てるようにした。
  力負けして、膝頭がゆるむ。手が女の秘境へ素早くすべり込んだ。そこは、洪水に近い状態を呈していた。
  その秘密を探り当てられると、美紀は激しく頭を振って、いや、と言った。洪水を起こしているのを知られたことが恥ずかしかったらしい。
  道永は洪水の中から、最も鋭敏な部分を探り当てた。その部分は十八歳とは思えないほど、充分に発達している。道永は指先でその部分を洪水の中に押し潰すように押さえた。
  美紀の口から高い声が尾を引き、全身が大きく震えた。道永はひとつになる時期だ、と判断した。
  美紀に覆いかぶさる。ジュニアは既に準備を完了し、いきり立ちながら攻撃開始の合図を待ち構えている。道永は洪水の中にジュニアを進めた。  
小説の朗読 声:村上 涼子

むらかみ りょうこ

T158-B88-W63-H83

主な作品として『100発の精子飲む』『童貞の僕を筆おろししたがる義母』『熟女なでしこ 村上涼子16時間』他多数。

村上涼子blog
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧