新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

隷母・葉子

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1987/03/23
    ISBN:
    978-4-8296-0120-4
書籍紹介
孤閨に泣く母・葉子に、
女の歓びをもたらした我が子の肉塊。
許されないことと知りつつも
息子に性の手ほどきをする母は、
いつしか痴獄へと堕ちてゆく……
登場人物:
ようこ(37歳)実母、くみこ(-歳)女子高生、まさよ(38歳)未亡人
シチュエーション:
母子相姦 | キャンパス・学園・大学 | 縄・緊縛 | 浣腸 | SM
立ち読み
「ああ、エイちゃん……私はもう、あなたのママじゃないわ。たいへんな過ちを犯してしまったのよ」
「ううん、ママはなにをしても、ぼくのママだよ」
  腺病質の貧弱な体格ながら、栄一は背丈にまさって、母親のおなかの上に馬乗りになった。シースルーのネグリジェごと、お椀を伏せたような乳房を鷲掴みに捏ねまわした。
「あ、エイちゃん、なにをするの!」
  とがめる母親の視線にさからって、栄一はさらに指先に力を込めた。華奢ななで肩から、意外なほどの盛りあがりをみせる乳房を揉みしだいた。
  ネグリジェから透ける薄紅色の乳首に、遠い昔に嗅いだなつかしいミルクの記憶が呼び覚まされる。栄一は思わず唇を寄せ、ネグリジェごと、前歯で乳首を挟んだ。舌をくりだして、乳輪のまわりを舐めしゃぶった。
「い、いけません。エイちゃんはもう、ミルクをほしがる赤ん坊じゃないのよ。ママのオッパイから離れて!」
「いやだよ。ママのオチチがほしいんだ。ううん、オチチよりも、ママのオ×××が見たいんだ!」
「ああ、そのような……」
  息子の直截な物言いに、葉子は絶望に胸をふさがれた。蝋のように白く蒼ざめた瓜実顔を歪めて、みじめに鼻をすすりあげるばかりだった。
「エイちゃん、馬鹿を言わないの」
  夕顔にも見まがう瓜実の美しい顔も、今は見る影もなく打ちしおれた。自らが撒いた種だけに、息子をしかりつける言葉に力がなかった。
「ママ、泣かないで。ママがしたことを、ぼくもするだけじゃないか。ぼくだって、もう立派な大人だよ。ほら、死んだパパの代わりだって務められるでしょう!?」
  栄一は床に投げだされた母の手首を掴み、馬乗りになった股間のふくらみへ導いた。
「なにをするの!  い、いけません!」
  一度は手首を返して、ズボンのふくらみから逃れたものの、再度の無理強いに屈してしまった。無理矢理掌に押しつけられた息子のそれは、焼きごてのように熱をはらんでいた。
「死んだパパのと比べて、ぼくのチ××はどう?  ぼくって、まだ童貞なのかな?」
「エイちゃん、なにを言うの!」
「じゃ、ぼくに睡眠薬を飲ませて、なにもしなかったと誓える?」
「そ、それは……」
  栄一は臆するように長い睫毛が伏せられ、蒼ざめた頬にぽうっと赤味が差すのを見逃さなかった。語気鋭く母親に喰いさがって、とうとうフェラチオの一件を白状させた。
「じゃ今度は、ぼくがお返しする番だね」
小説の朗読 声:村上 涼子

むらかみ りょうこ

T158-B88-W63-H83

主な作品として『100発の精子飲む』『童貞の僕を筆おろししたがる義母』『熟女なでしこ 村上涼子16時間』他多数。

村上涼子blog
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧