新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女医・奴隷病棟

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1990/03/23
    ISBN:
    978-4-8296-0302-4
書籍紹介
外科病棟、第二診察室。女医・夏子の白衣に凌辱の魔手が!
黒い下着がメスで切り落とされ、白い双乳が恐怖におののく。
イラマチオ、クンニリングス、そしてインサート……
心は抗おうとも、濡れてしまう29歳の熟れた肉体!
そして凌辱に泣く夏子の姿を、窓の外からじっと見つめる
義理の息子・浩二の視線……痴態が息子を刺激した!
登場人物:
なつこ(29歳)女医、まりな(19歳)看護婦
シチュエーション:
剃毛 | 凌辱 | 病院 | 自慰 | 肛姦
立ち読み
  やがて夏子は自分のとっている行為の苛責に耐えきれなくなり、すすり泣いていた。夫への裏切り、義理の息子と契ってしまったことへの罪悪感……。
  だが、この峻烈な歓びに充ちた快感は、否定しようがないのだ。その快感は、心のどこかで罪悪感を感じているぶん、いっそう苛烈な情動をともなってね身に襲いかかってくる。
  長い蕩けるような接吻を終えた浩二が、夏子の身体に覆い被さる形で律動を開始した。接吻で高まっていた夏子は、たちまち身も心もとけ合うような喜悦の波に呑みこまれ、身体の底から絞りだすような涕泣を噴きこぼして、身を捩らせた。
  もう、どうなってもいい……。
  スーッと切れた眉を情感的に折りまげ、眉間に快楽の兆しを刻みこみ、「はぅ、はぅ、」とつづけざまに息を呑みこんだ。
  ズンッ、ズンッと力強さをまして叩きこまれる躍動感に充ちたストロークが、鋭い衝撃で全身に響きわたった。見えはじめた頂上に向かって、いちだんと高く恥丘をせりあげた。
「ちょうだい、浩二さん。ちょうだい!!」
  浩二はせわしなく腰を使いながら口走った。
「お義母さんは僕の女だ。そうだね」
  夏子は何度もうなずいた。
「お義母さんは、僕の奴隷だ」
「そうよ……」
「なんでも言うことをきくね」
「きくわ……」
「約束だよ、指切りげんまんだよ」
「なんでも言うことをきくから……ちょうだい、浩二さん、お願いよ!!」
  夏子は狂おしく腰を揺すりあげる。
「中へ出すよ……」
「いいわよ」
「いくよ、義母さん。いくよ」
「きて、きて、今よ、ちょうだい……」
  浩二が最後の一撃を深々と打ちこんだ刹那、
「いくぅっ!!」
  獣のような声を絞りだして、夏子は凄まじいエクスタシーの頂上に昇りつめていった。
  ほぼ同時に、浩二は熱い樹液を放った。それはドクッ、ドクッと間欠泉のように脈動を繰りかえし、発射された熱い溶液は子宮口を打った。
  信之さん、ごめんなさい……。
  夏子は心のなかで夫の名を呼ぶと、再びエクスタシーのうねりに呑みこまれていった。
小説の朗読 声:雪見 紗弥

ゆきみ さや

12月1日生まれ T156-B86-W59-H86

主な作品として映画『快楽女の手帳4 雪見紗弥』『あなた、許して…。欲情に流されて』『溢れだす美熟女の泉 〜敏感なおもらし受付嬢・紗弥』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧