新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

若妻・牝奴隷

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1991/04/23
    ISBN:
    978-4-8296-0367-3
書籍紹介
タブーを犯す──夫以外の男に襲われて、
初めて知った肉の歓びに、美幸は理性を失った。
羞恥、屈辱、恍惚がせめぎ合うなか、
若妻の女体は震え、痺れ、昇りつめる。
この時味わった陶酔が、貞淑だった美幸を
淫らな牝奴隷にし、堕としめてゆく……
登場人物:
みゆき(-歳)人妻
シチュエーション:
凌辱 | 肛姦 | 自慰 | テレホンセックス | 縄・緊縛
立ち読み
「さあ、奥さん。素直にわたしの言うことを聞くんです」
  鮫島が掴んでいた足首を離し、尻を撫でながら、諭すように言った。
  男の目の前に裸の尻を突きだす──そんな獣じみたいやらしい行為など、クリスチャンの自分にできるわけがないと思った。しかし、抵抗しても無駄なことはわかりきっている。激しい葛藤の渦が心を責め苛んだ。
「仕方ない。奥さんが言うことを聞かないんだったら、わたしにも考えがあります」
  いかにもいわくありげな言い方だった。
「わかったわ……」
  何をされるかわからないという恐怖が、美幸を奮いたたせた。恥ずかしさを押して、美幸はゆっくりと四肢に力をこめ、四つん這いとなった。
「そうです、奥さん……ほら、もっとお尻をあげて、股をひろげるんです……うーん、素晴らしい」
  背後から見る美幸の眺めは、まさに絶品だった。たわわな尻肉をざっくり割った峡谷の底では、毒々しく色づいた花唇が秘毛を押しのけて盛りあがり、妖しく息づいている。
  一方の美幸は、自分のしている行為を想像しただけで全身が震えだすのを覚えた。鮫島のいやらしい視線がお尻にへばりつき、くすぐったい気さえした。
  ああっ、恥ずかしい。わたし、どうしよう……。
  全身が羞恥の炎に包まれたように熱くなっていく。その過熱する頭のなかに、思いもかけない感情がふつふつと湧き起こってきた。それは、見られていることを密かに楽しんでいる感情だった。
  もっと見て。わたしの身体、いやらしいでしょう……。
  心の奥の奥から、そんな囁きが聞こえてくるのだ。
「どうです、奥さん。獣になった気持ちは。たまには淫らになるのも楽しいでしょう」
  鮫島が背後でしゃがむ気配がした。
  後ろから入れるつもりなんだ、と思った途端、鋭い快感が背筋を這い昇り、脳髄を直撃した。
「あっ、あああっ……」
  美幸は思わず身を震わせ、咆哮した。だがそれは、ペニスを挿入された感じとは異なっていた。鮫島が、牡犬が牝犬にするように後ろから女陰を舌で嬲っているのだった。しかも舌は会陰部を舐めあがり、肛門のすぼまりにまで侵入して媚肉を翻弄する。
「ああっ、いやっっ……そんなところ、汚いわ」
小説の朗読 声:大塚 咲

おおつか さき

10月1日生まれ T158-B90-W58-H85

主な作品として映画『美人フェラティストの淫らなオクチ』『とても美しい日本人』『ウチの嫁さんはAV女優です。』他多数

大塚咲の 今日も満開☆花咲きブログ
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧