新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

義母
特別授業

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「あなたの望むことはなんでもしてあげる」
絶対に手の届かない、憧憬の的だった義母が、
潤んだ目で、甘い仕草で、匂いたつ裸身で、
少年を限りなき恍惚の世界へと誘う……
滾る欲望を年上の熟女たちで発散してきた少年が、
最後にたどり着いた女体は、二十九歳の義母!
登場人物:
さえこ(29歳)義母、よりこ(-歳)人妻、あさこ(-歳)人妻、ゆみこ(-歳)女子高生、みゆき(-歳)看護婦
シチュエーション:
露出(下着・水着・裸) | 病院 | フェチ | 肛姦 | 母子相姦
立ち読み
「ああっ、おばさん!  おおっ……」
  ぼくは夢中で麻子おばさんの頭を抱えた。もういつ爆発してもおかしくなかった。
  ペニスへの刺激に加えて、麻子おばさんは爪を立てるようにして、僕のお尻から大腿のあたりを撫でまわした。くすぐったいような感じだが、それがまたひどく刺激的だ。
  駄目だ!  もう出ちゃう……。
  限界を感じたぼくは、それをおばさんに伝えようとした。まさかこのまま発射するわけにはいかない。
「おばさん、駄目だよ。出ちゃう!  出ちゃうよ!」
  ぼくはなんとか麻子おばさんの口からペニスを引き抜こうと、髪の毛をつかんで自分から引き離そうとした。しかし、そうすればするほど、麻子おばさんはしっかりとぼくのお尻を抱きしめてくる。
  もしかしたら、このまま出させてくれるのでは!?……
  その考えが頭に浮かぶと、ぼくの興奮は一気に頂点に達した。悪いとは思うものの、もしそうさせてくれるのならこれ以上はない感激だ。引き離そうとするのをやめ、ぼくは身を任せることにした。
  麻子おばさんの首の動きが激しくなった。ペニスが口に出入りするときのクチュクチュという音と、ぼくのハアハアという荒い息が、キッチンのなかで合唱する。
  そして間もなく、体の中心から、煮えたぎった精液が外に向かって湧きあがってくるのを感じた。
「おばさん!  ああっ、おばさん!」
  膝もお尻も、体全体をガクガクと痙攣させながら、ぼくは麻子おばさんの口に向かって精液を放っていた。ドピュッ、ドピュッと放出されるたびに、彼女はそれを喉を鳴らして呑み干した。
  ああ、おばさんが呑んでくれたんだ!  ぼくの精液を、おばさんが……。
  その事実をしっかりと頭のなかに刻みこみながら、ぼくはがっくりと床にくずおれ、横たわった。すぐに寄り添うように麻子おばさんも横になる。
「ああ、おいしかったわ。フフフッ、とっても濃いんですもの。びっくりしちゃった」
「おばさん……」
  硬い床の上でぼくたちは抱き合った。いつものように、てのひらを両方の大腿の間に挟んでもらいながら、つかの間の陶酔感を味わう。
「ありがとう、おばさん。呑んでくれて、うれしかったよ」
  ちょっと照れながらも、そう言わずにはいられなかった。
小説の朗読 声:穂花

ほのか

156-B85-W56-H85

日本アダルト放送大賞2007・女優大賞受賞。主な作品として映画・Vシネマ「テレビばか り見てると馬鹿になる』『艶子の湯』『NIPPLES』DVD『裸体』『キレイヤセックス』他多数。

穂花公式HP
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧