新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

凌辱鬼
連続レイプ

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「オラァ、口を大きく開けて根元まで咥えろ!」
美人社員の朱唇に凌辱鬼の剛直がねじこまれる。
腰にはずみをつけて、いきなり激しいイラマチオ。
こぼれる嗚咽、涙、そして愛液……
これがレイプだ!  俺様のミルクを飲ませてやる!
やがて女の口にスペルマが散り、本格的なレイプが!
登場人物:
みき(21歳)OL、まりな(-歳)その他、くみこ(26歳)その他、さよ(27歳)女優・アイドル、まり(19歳)女子大生
シチュエーション:
縄・緊縛 | 自慰 | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 痴漢 | SM
立ち読み
「アハン……あん、あンン……うふん……」
  とうとう肚を据えたらしい。美貴は悩ましくすすり泣きながら、首を振りたて、いよいよ本格的なフェラチオ奉仕に入った。ルージュの唇をいっぱいに開いて、ストレートの長い髪をゆらめかせ、根元近くまで咥えこむ。そうして口腔ではたえず舌先を動かし、縫い目のあたりを粘っこく刺激するのをおこたらない。
「やればできるじゃねえかよ。ふん。あんまり男をナメるんじゃねえぞ」
  おれは仁王立ちしたまま、そんなミス愛郷製薬を満足気に見おろした。
  粘っこい生汗を噴きつつ、美貴は、それでも一生懸命に顔面を上下動させてゆく。
(ああ、夢じゃない。あの松原美貴が、クソ生意気に男どもに君臨していた女王様が、口のまわりを唾液でべとべとにして、おれの魔羅をしゃぶっているんだ)
  おれの勃起はぐんぐん硬さを増した。待ちきれず、特濃ミルクが尿道をせりあがってきている。
  おれは腕を伸ばし、ロープできつく絞りだされた胸乳を、すっぽり握りしめた。美麗な双乳に深々と指を食いこませ、巧みに強弱をつけて揉みにじる。
  すると美貴は、その艶美な裸身をビクン、ビクンと痙攣させて、狂ったように怒張を口でしごき立てるのだ。
「どうだよ。まんざらでもねえだろ、こら。少しはおれって男を見直したか」
「あん……あう……」
「すぐに出してやる。いいか。きれいに全部飲むんだぞ」
「……うン……あフン……」
  美しいワンレングスをきらめかせ、快美な抽送を繰りかえしながら、朱唇ではキュッ、キュッと根元を強く締めつけてくる。
  淫欲にたぎる太棹をぬらぬら刺激され、もうおれの興奮は臨界近い。快楽が、脳の性中枢めがけてどっと押し寄せ、爆発の指令を求めてくる。
(よし。思いきりぶちまけろ)
  いよいよおれは仕上げのピストン運動に入った。美貴の顔が歪んだ。
  最初のほとばしりがヌルルッと噴きだし、相手の喉奥へ突きささる。
  美貴が吐きそうにうめいた。
「飲めよ。オラオラあ。吐きだしたらぶっ殺すぞ」
「う、ううっ、うっぐっぐ」
  さらにおれは勢いよく二度、三度とマグマを噴きあげた。
  美貴の白い喉が苦しげに上下し、それを嚥下してゆくのがわかる。
(よし、これでいい。これでこの女は必ずおれに恋する)
  おれは軽く身を反らせた。思いきりいきんで、淫楽の最後の一滴まで、女の口腔へ注ぎこんでやった。
小説の朗読 声:中原 翔子

なかはら しょうこ

7月9日生まれ T166-B83-W60-H85

女優業の傍ら、早川ナオミ名義にてAV界の巨匠・代々木忠監督の著書を原作とした3話オムニバス映画をプロデュース。主な出演作として『旧支配者のキャロル』他多数。

中原翔子 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧