新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女家庭教師と少年
秘密授業

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
ぼく、先生とセックスしたい!……
貴和子の胸を熱くし、女芯を疼かせたのは、
日記につづられた教え子の少年の青い欲望だった。
わかったわ、あなたの願い、かなえてあげる……
背徳の秘密授業は、セクシーなパンティがのぞける
挑発的なミニスカート姿から幕を開けた。
登場人物:
きわこ(21歳)家庭教師、みかこ(27歳)講師
シチュエーション:
処女 | フェチ | 露出(下着・水着・裸) | キャンパス・学園・大学
立ち読み
「茂くんも、私のここ……舐めてくれる?」
  股間を指差しながらの貴和子の言葉に、茂は目をらんらんと輝かせた。
「先生!  いいんですか!?  せ、先生のそこを、ぼくに舐めさせてくれるんですか!?」
「もちろんよ。私、茂くんに舐めてほしいの。でも、グショグショよ」
「かまいません。ぼく、先生のだったら、オシッコだって飲めます!」
「まあ、茂くんったら……」
  茂の告白に、キューンと身体の奥が痺れるのを感じながら、貴和子はベッドにあがり、脚を開いて膝を立てた。
「さあ、茂くん。来て……」
  目をカッと見開いたまま、茂はベッドにあがってきた。貴和子の脚の間に正座して、貴和子の顔と股間を見較べている。
「いいのよ、さあ、舐めて!」
  大きくうなずいてから、茂は貴和子の股間に顔を近づけていった。白い太腿が両側に迫り、それだけでも興奮させられる。濃いめのヘアに守られた秘唇が近づくと、ムッとする熱気が感じられた。湧きだしている熱い愛液のせいかもしれない。
  ベッドに肘をついて、茂は両手で貴和子の太腿を下から支えるようにして触った。プリンプリンした弾力がてのひらに伝わり、ペニスがピクンと蠢く。
  さらに顔を進めると、まずヘアに鼻の頭をくすぐられ、鼻をとろけさせるような淫靡な香りがまつわりついてきた。そして、とうとう唇が貴和子の濡れた秘唇に触れた。貴和子もビクンと身体を反応させ、小さな呻き声をもらす。
  本当は、もっとゆっくり観察して、貴和子が歓ぶような愛撫をしてみたいと思っていたのだが、いまの茂にはとてもそんな余裕はなかった。淫靡な香りに誘われるままに舌を出して、目の前の秘唇を思いっきり舐めまわした。
「あっ、ああっ!  す、すごいわ、茂くん……うっ、ああ……」
  それは的確な愛撫と呼べるものではなかった。しかし、茂の激しさに、貴和子は圧倒される思いだった。お尻に近いほうから、亀裂の合わせ目のクリトリスに至るまで、本当に愛しそうに茂は舐めつくした。
  それでも、肉芽に舌先が当たったときに、貴和子の身体が鋭く反応するのに気づいたのか、茂の愛撫はしだいにクリトリスの周囲に集中してきた。ときには溢れだす蜜液をジュルジュルと音をたてて啜り、不自然なほど首を折り曲げた体勢にもかかわらず、茂は従順に貴和子の秘唇を舐めつづけた。
「ああっ、もう……もう限界だわ、茂くん。ねえ、そろそろ……」
  茂の髪の毛をつかむようにして、貴和子は声をかけた。上を向いた茂の口のまわりは、自分の唾液と貴和子の愛液でベトベトになっている。その顔を見ているうちに、貴和子は茂がますます愛しく思えてきた。
「ありがとう、茂くん。とっても素敵だったわよ。さあ、もういいのよ、来て!」
  貴和子は茂の体を引きあげながら、唇を重ねようとした。濡れた唇を、茂はあわてて拭おうとする。
「いいのよ、茂くん。そのままでいいの。私のあそこを舐めてくれたあなたと、そのままキスがしたいの」
「先生!」
  二人とも口のまわりをベトベトにしながら、お互いの唇を貪り合った。そうしている間も、茂の熱い硬直が下腹部に当たるのを、貴和子ははっきりと感じていた。
  唇を離すと、二人はじっと見つめ合う。
「先生、ぼく……あの、どうすれば……」
  茂が自信のなさを口にした。貴和子だって初めてなのだから、本当はどうすればいいのかわからない。だが、不思議なことに怖さはなかった。充分に茂をリードしてあげられるという自信のようなものが、わずかだが湧いてきていた。
「大丈夫よ、茂くん。男と女はね、ちゃんとつながることができるようになっているの。安心して、あなたのオチン×ンを、私のここに入れてみてちょうだい。ねっ」
  貴和子の言葉に少し落ち着いたのか、茂は貴和子の脚の間で体勢を立て直した。左手を貴和子の顔の横につき、右手をペニスの根もとにあてがって、先端で入口を探っている。一度グッと腰を突きだしてきたが、空振りだった。うわすべりしたらしい。
「す、すみません、先生」
「いいのよ。あわてないで、ゆっくりやればいいんだから……」
  言いながら、貴和子は右手をおろして、自分の亀裂を確認した。たっぷりと潤ってはいるが、茂の硬直が侵入したら、やはり痛みを感じるかもしれない。
「さあ、入口はここよ。ゆっくり、そう、そうよ、来て……」
小説の朗読 声:里見 瑶子

さとみ ようこ

153-B83-W60-H85主な作品として「浅草キッドの『浅草キッド』」「若妻快楽レッスン 虜」「刑事まつり 第3弾」他多数。「PG」93号 里見瑶子特集

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧