新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

未亡人夏子と少年

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「私の××、悩ましい?  オナニー、刺激的だった?」
まだ女を知らない少年の眼前で妖しく囁く夏子。
若すぎる、疼きすぎる女体は、
挑発することで燃え、濡れ、煽られる。
これから毎日、彼をペットにして……
夏子と少年の関係は、倒錯した肉交で始まった。
登場人物:
なつこ(28歳)未亡人、くみこ(29歳)女医、みつこ(28歳)その他、すずこ(-歳)兄嫁、きょうこ(-歳)人妻
シチュエーション:
縄・緊縛 | 痴漢 | 自慰 | 病院 | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス)
立ち読み
  夏子は少年の好奇な目を意識しながら、大きく脚をひろげて、ゆっくり腰を落としていった。
  すごいぞ!  こ、これが……大人の女の……。
  むっちりとした内腿の付け根が露呈された。恥毛はヴァギナを取り囲み、大陰唇にまでチロチロと生えていた。クレバスからは紅色がかったラヴィアがはみだし、二枚の花びらは、よじれながらピッタリと谷間を塞いでいる。ふっくらとした、弾力のありそうなヴァギナだった。縮れ毛の一本一本がはっきりと見えた。ラヴィアの細かな皺が見え、柔らかそうなグニャリとした肉の感触が、触れて確認しているかのように見てとれた。
「どう?  これが女のオマ×コよ」
  孝則は一瞬、耳を疑った。同時に、昂奮のあまり全身をわななかせた。まさか美しくてしとやかそうに見える未亡人の口から、オマ×コなどという言葉が飛びだしてこようとは、夢にも思っていなかったのだ。
  一方の夏子は、焦る孝則が可愛いと思った。大満足で右手で髪を耳もとからかきあげると、赤いマニキュアの爪を輝かせた指を下腹部へとのばしていった。
  孝則はまたしても指の動きに目を見はらせた。はしたなく、ゴクリと喉を鳴らしてしまった。
  夏子の指は柔毛をかき分け、肉芽に指を添えた。ほっそりとした指先が肉芽をやさしく愛撫し、やがて、クイッと薄皮をめくりあげ、桜色の可愛らしい蕾を露呈させたのだった。
  おおお、すごい!  オマ×コって、なんて淫らで刺激的なんだろう……まさか、ぼくの前でオナニーをするというのでは!?……
  孝則の目は、敵の動きを偵察する歩哨のように、赤い爪の指先を監視した。夏子はそのまさかどおり、中指でクリトリスを押しつけると、クルクルとまわしながら指先で刺激を与えはじめた。
  夏子の腰がもじもじと動きだす。背を反らし、腰を突きあげ、脚を小刻みに震わせていく。わずかに口を開け、長い睫毛をそよがせて目を閉じていた。
  左手で乳房を揉みしだく。それにつれて、クリトリスを責め立てる指はいっそう激しさを増していった。
「フウン……」
  夏子は口もとから小さな甘い声をもらすと、中指と人差し指で、びらびらのラヴィアを左右に押し開いた。
小説の朗読 声:里見 瑶子

さとみ ようこ

153-B83-W60-H85主な作品として「浅草キッドの『浅草キッド』」「若妻快楽レッスン 虜」「刑事まつり 第3弾」他多数。「PG」93号 里見瑶子特集

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧