新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

輪姦女教師
狙われた熟肉

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1993/09/23
    ISBN:
    978-4-8296-0512-7
書籍紹介
「フフフ、オマ×コこんなに濡らしやがって」
「もっと奥まで突き刺してやるぜ、先生」
奈緒美は信じられなかった。白昼のグラウンドで
素っ裸に剥かれ、教え子たちに輪姦されているのだ。
だが、それ以上に信じられないのは、熟れた裸身が
被虐の切ない悦びに震えているだった!
登場人物:
なおみ(25歳)女教師、みほ(-歳)女教師、りの(-歳)女教師、まりな(20歳)女子大生
シチュエーション:
凌辱 | レズ・同性愛 | 制服 | 体育館・プール | キャンパス・学園・大学
立ち読み
  天を向いたペニスを、剛は無理やりまりなに握らせた。
「あ、ああ……硬いわ……」
  たくましい剛直の感触に、まりなの股間がざわめく。
「俺の足下にひざまずくんだ、まりな」
  剛はまりなの頭を押さえつけた。
「ああ……大きい……」
  目の前にグロテスクなペニスが迫り、まりなはかすれた声をあげた。
「キスしな、まりな」
  まりなは覚悟を決めたのか、こっくりとうなずくと可憐な唇を寄せていった。長いまつげを伏せ、野太い亀頭に唇をくなくなとこすりつける。
「ああ、まりなちゃん……」
  奈緒美がたまらず視線をそむけた。愛らしい横顔とグロテスクなものとのコントラストが、あまりに痛々しい。
「目をそむけるなよ、先生。先輩奴隷として妹のフェラテクをちゃんと監督してやれよ」
  龍一が奈緒美のあごをつかみ、口唇奉仕するまりなに目を向けさせた。
「ああ……ああんっ……」
  まりなは肉棒にも唇をこすりつけ、ハーモニカを吹くように美貌を上下させた。
小説の朗読 声:光月 夜也

こうづき やや

T164-B83-W56-H81

主な作品として『光月夜也としてみませんか? 』『寝取られ妻の性癖』他多数。

光月夜也オフィシャルブログ「夜の訪問者」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧