新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

隷嬢レイプ!
美人女子大生・魔悦の夜

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「大事なオマ×コの毛を剃られる気分はどうだ?」
男の嘲笑を浴び、女子大生は羞恥に身悶えた。
全裸緊縛された白い肌が恥ずかしげに紅潮する。
二十歳の恥毛に剃刀が冷たく当てられたとき、
汚辱感とは裏腹に乳首は勃起し媚肉が甘く疼いた。
剃毛こそ、美保が隷嬢に墜ちた証なのだ。
登場人物:
きょうこ(20歳)女子大生、みほ(20歳)女子大生、まさみ(22歳)女子大生、みお(21歳)女子大生、さゆり(21歳)女子大生
シチュエーション:
凌辱 | 肛姦 | 縄・緊縛 | テレホンセックス | 剃毛
立ち読み
  野口のペニスはそそり立っていた。さゆりの唾液なのか、淫らに濡れている。
「あなた、どういうつもりなの」
「どういうつもりもないさ。さゆりが俺と寝たいと言ったから寝たまでさ」
「わたしのこと、愛してたんじゃないの」
「好きだよ。でも、俺のスペルマを真紀は呑んでくれなかったじゃないか。さゆりはおいしそうに呑んでくれるんだ」
「だから、梶谷さんのほうがいいというの……」
「俺に対する愛情が感じられるのさ。やっぱり、スペルマを呑んでもらうと、男はとてもうれしいものなんだ」
「そんな……」
  真紀は二の句が継げなかった。
  さゆりが野口の横に座った。真紀に微笑みかける。勝者の笑みだ。
  さゆりの右手が野口の股間へ伸びる。白くしなやかな指先が、そそり立つ肉棒にからみつく。
  さゆりはちらっと真紀に視線を投げると、美貌を野口の股間へ埋めていった。
「あっ……梶谷さん……」
  真紀は驚いた。正面から、さゆりの舌が肉塊を這うのが、はっきりと見えるのだ。
「やめてっ、梶谷さんっ」
  真紀は顔をそむけた。
  さゆりの唇が野口の怒張をふくみにかかっていた。
「いい女だろう。いつも俺の肉棒をこうしてしゃぶってくれるんだ」
「やめて……」
  真紀はかぶりを振った。
  ピチャピチャと淫らな舌使いの音がする。目を閉じていても、さゆりが野口のものをしゃぶっている光景が脳裏に浮かんだ。
「やめさせてっ。おねがい」
「真紀。こっちを見ろよ」
  野口はさゆりのバスタオルを剥ぎとった。
  眩いばかりの裸身が現われた。ピチピチと弾けるような肢体だ。
  野口はさゆりのバストに手を伸ばした。小さめの乳首をまさぐる。
「ううんっ……感じちゃうわっ……」
  さゆりは甘い喘ぎをもらした。
「真紀、見てみろよ。さゆりは素っ裸で俺のを咥えてるんだぜ」
「いやっ、バカなことはやめてっ」
  真紀は逃げだしたかった。けれど、足が動かなかった。ここで逃げれば、野口は完全にさゆりのものになるような気がしたのだ。
  本当に、さゆりは野口の精液を呑んでしまうのだろうか。それだけは見届けておきたい気持ちがあった。
  野口は女性にフェラチオさせるのが好きだった。ベッドのなかでも、真紀はよく「しゃぶってくれ」と言われた。
  しかし、真紀は男性の性器を唇で愛するという行為が、あまり好きではなかった。最初の頃は嫌悪感だけだった。最近、やっと馴れてきたのだ。それでも、フェラチオすることによって、女としての悦びを感じるまでには至っていなかった。
  だから、その精液を呑んでしまうなど、とても無理だったし、考えられなかった。それを、梶谷さゆりは喜んでやるというのか。
  大胆なファッションといい、フェラチオ好きといい、真紀はさゆりにとても対抗できなかった。
  浩一、どうしてあなたはそんな女が好きなの?……
  真紀は野口に視線を向けた。いやでも、さゆりの横顔が目に入る。
  さゆりは美貌を激しく動かしていた。優美な頬を淫らにすぼめて、男の怒張を吸いあげている。
  真紀はもう目をそむけようとはしなかった。さゆりが浩一の精液を呑むところを見届けるのだ。そうすれば、野口のことをあきらめられるかもしれないと思った。
「うんっ……ううんっ……」
  さゆりのくぐもった声が悩ましくもれる。長いまつ毛を伏せた横顔は、ほんのりと上気して美しかった。
  おしゃぶりする顔があんなに綺麗だなんて……。
  いつも顔をしかめて野口のものをしゃぶっていた真紀には、信じられないことだった。
「ああ……さゆりの口になさって……」
  さゆりは熱い吐息をもらした。
「俺のスペルマを呑みたいのか、さゆり」
「ええ……呑みたいわ……さゆりに、たくさん呑ませて……」
  さゆりは妖艶な眼差しを向けた。
  唾液で淫らに濡れ光っている怒張が、ピクンと脈打った。
「……欲しい……」
  野口の肉塊に粘っこい視線を注ぐと、さゆりは美貌を埋めていった。
「真紀。よく見ておくんだ」
  さゆりの美貌が激しく上下する。
  野口も、さゆりの唇を犯すように腰を使った。
「ううっ……」
  野口がうめいた。さゆりの髪の毛をつかみ、肉塊を喉の奥まで突き立てた。
「うぐっ……うむっ……」
  苦しげな、それでいて男の股間をくすぐる、せつないさゆりの鼻息がもれる。
「呑めよっ、さゆり」
  野口は白濁をさゆりの口へぶちまけつづけた。
  さゆりはむせながらも、脈打つ肉塊へ舌をからめてきた。それは、男にとって最高ともいえる快感だった。口内発射の心地よさは、女の唇を犯すという心理的なものと、発射している亀頭に舌がねっとりとからみついてくるところにある。それはもう、肉襞の感触よりまさっていた。
「最高だぜ、さゆり」
  野口は満足げな笑みをこぼした。
  さゆりはゆっくりと唇を引いた。白い粘液が糸を引くように垂れていく。
「……おいしかったわ……」
  さゆりは小さくつぶやいた。
  真紀は呆然と見ていた。負けたと思った。
  男の精液をうっとりとした表情で呑んでいるさゆりを、美しいと思った。これが女だと思った。
  フェラチオは、女性に与えられた、男性に対しての愛の表現手段だと、真紀は思い知らされた。
小説の朗読 声:中村 鷹香

なかむら たか

166-B83-W59-H85

主な作品としてVシネマ『続・広島やくざ戦争』『首領の女2』、映画『シュガースウィート』『荒ぶる魂たち』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧