新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女医・亜希子

本を購入

本価格:486(税抜)

電子書籍価格:--円(税抜)

  • 本販売日:
    1995/01/23
    ISBN:
    978-4-8296-0601-8
書籍紹介
「智史、私はお母さんなのよ!  もうやめて!」
夜の診察室で繰りひろげられるレイプ!
実の息子が熱化した肉の塊りを何度も叩きこむうち、
牝の本能を呼び起こす激しい愉悦の波、波、波……
美しく豊潤な女医・亜希子の躰が芯から狂いだすと、
それはレイプではなく、背徳の肉交へと変わった。
登場人物:
あきこ(36歳)女医、ひろこ(25歳)看護婦、くみ(18歳)看護婦
シチュエーション:
母子相姦 | 痴漢 | 凌辱 | 病院 | 浣腸
立ち読み
「恥ずかしがることはないだろ。いつか俺も医者になるんだ。産婦人科の専門医がいいな。だからさぁ、ちょっと早目に実習しておくのも悪くないんじゃない」
  器具を並べた棚などを物色しながら、智史は饒舌になっていた。何か下心があるにではないか?……警戒心が湧いた。智史のシナリオは精液を採取するところで終わっていた。だから、このあとどんな展開をするのか予測ができなかった。
  ぐずぐずしていても時間がたつばかりだ。誰かが部屋の灯りに気づかないとも限らない。乾きはじめたのか、股間がゴワゴワして、気持悪かった。かといって、智史を追いだす力もない。
  亜希子はスカートを脱いで診察台にあがった。
「あっ、そんなとこ!」
  洗浄だけなのに、智史は手術の時のように両脚を固定しようとしていた。亜希子のかすかな抵抗など意にも介さず、手慣れた様子で作業を進めた。
「昔っから、診察室は遊び場だったから。産婦人科の患者の時だけは追いだされたけど目かくしされると、よけい見たくなるもんね」
  生温かい洗浄液が、股間に注がれた。ゴワゴワした触感がなくなった。無遠慮に肉棒が押しひらかれ、細い管が挿入された。膣内に液があふれて膣口から絶え間なく流れ落ちた。それにしても智史は必要以上に指を動かしすぎる……
「どう」
「ええ……」
  自分の声が、かすれて聞こえた。いけない。智史の指の動きを頭のなかから追いだそうとした。キュッと口もとを引きしめ、天井に目を向けた。シミが浮きでていた。、眼球は、その二つのシミの間を、左から右へと往復した。
  智史は、股間から顔を上げ、亜希子のそんな様子をじっと観察していた。洗浄液がストップされ、指の動きが速くなった。
  亜希子は無意識に首を振った。
「して欲しくないのか?」
「満足にやらせてもらえなかったじゃない」
  そう言って半ば躰を起こしかけた時、智史の指が膣内に挿入された。もう一方の手で、お腹の上からギュッと押す。
「こうするんだろ、内診の時は」
  爪の跡がつくほど強く押しつけているに違いない。柔らかい肉を隔てて、膣の中とお腹の上から強い圧迫感を受けた亜希子は、猛烈な痛みを感じた。その激痛のため、声も出せず、肩で激しく息をしたまま、ようやくこらえた。
  股間に硬いものが当てられた。やっぱりと思う。が、それは予想に反して、金属的な堅さだった。ぐいぐい押しこまれてくる。
「へぇー、ヒクヒク動いてら」
  智史が感心したような声をあげた。亜希子の中に挿入したのは膣内をのぞいて見る器具であった。
「キラキラ光ってて、綺麗だ」
小説の朗読 声:伊沢 涼子

いざわ りょうこ

157-B85-W59-H85

趣味 ショッピング 洋服のリメイク 熟女系女優として活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧