新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

新妻理沙
檻の中の美獣

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
こ、こんな屈辱、耐えられないわッ……
愛する夫の会社の屋上で媚肉を剥きだしにされ、
憎むべき暴虐者の剛直をフェラチオさせられる!
嫌悪する心を裏切るように淫芯にあふれだす蜜液は、
調教の牝檻に監禁され、被虐になじんだ新妻理沙が、
男に肉奉仕する性奴隷に堕ちた恥辱の証しだった!
登場人物:
りさ(28歳)人妻、ゆきこ(28歳)その他、みなこ(-歳)兄嫁
シチュエーション:
監禁 | 縄・緊縛 | 映画・ビデオ | 肛姦 | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス)
立ち読み
「はい……いい気持ちで……オマンコが……」
  理沙はそこまで言って、息を呑んだ。
  樹木の下のベンチで、人の気配がしたからである。
「つづけろよ、理沙。マゾ女らしく、はっきり言うんだぞ」
  晋也は、人の存在を知りながら、わざと理沙を追及しているのだ。
「ああ……お願い……晋也様……」
  人影に脅えて、理沙は切なそうに哀願した。
「つづけろ、理沙」
  理沙の哀願を無視して、晋也がいつもの調子で厳しく命じた。
「は、はい……いい気持ちで……オ、オマ……」
  切なく喉を震わせ、そこで一息つくと、
「オマンコが……濡れてしまいました」
  と、理沙は、おろおろとしながらつづけた。
「どのくらい濡れたか、調べてやろう。こっちに来な」
  晋也は無情にも、人の気配がしたほうに理沙を連れていく。
  仕方なく晋也に従った理沙は、そこで思わず息を呑んだ。庭園の奥まったベンチで、若い男女の社員が行き場を失ったように呆然としていたのだ。
「さあ、足を開いて見せてみろ」
  何を考えているのか、晋也は、わざとそのふたりの前のベンチに座ると、
「マゾ女のお前のオマンコがどんなに濡れたか、調べてやる。足をひろげろ」
  と、理沙に顎をしゃくった。
(ああ……この方たちのいる前で……晋也様、許して……)
  理沙は、消え入りそうに切なく眉根を寄せると、
「し、晋也様……」
  と小さく声に出して、晋也を見つめる瞳にせいいっぱいの哀訴をこめた。
「ぐずぐずしないで、早く足を開いて見せろ」
  晋也は、ふたりの男女の前で理沙を辱しめるつもりである。
「ああ……晋也様……」
  理沙は、密会していたふたりがいなくなることを願った。が、どうしたというのか、まるで彫刻された塑像のように、ふたりはベンチに座ったまま動かない。
「し、晋也様……どうぞ、り、理沙の濡れたオマンコを……」
  理沙は、もう命じられたままにするしかないと観念すると、晋也の淫情をくすぐるように媚びを含んだハスキーな声で言い、それから一息ついてつづけた。
「どうぞ、晋也様……マゾ女理沙の濡れたオマンコを……理沙の……濡れたオマンコをお調べくださいませ」
  言いながら理沙は、ミニスカートをまくり、ゆっくりと太腿を開いていった。
「おお、すごいぞ。ヘアまでぐっしょりじゃないか」
  晋也はさも驚いたというように声をあげると、理沙の秘裂に指を伸ばした。
小説の朗読 声:中原 翔子

なかはら しょうこ

7月9日生まれ T166-B83-W60-H85

女優業の傍ら、早川ナオミ名義にてAV界の巨匠・代々木忠監督の著書を原作とした3話オムニバス映画をプロデュース。主な出演作として『旧支配者のキャロル』他多数。

中原翔子 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧