新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

羞姦!
美人社長秘書・響子

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

私は社長秘書よ!  娼婦じゃないわ!……
心で叫んでも、裸身を這う粘着質な舌と指は堪らない。
目隠しされているので相手はわからない。
けれども重要な取引先の男だと想像がつく。
傍では社長が見物している。見られながらの肉接待!
究極の羞恥行為に心と身体が溺れゆく、響子の哀しき性。

登場人物:
きょうこ(-歳)秘書、けいこ(35歳)OL
シチュエーション:
張型(バイブレーター) | レズ・同性愛 | 縄・緊縛 | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | オフィス
立ち読み

  小杉の指が、胸の突起に触れた。
  電流のような刺激がほとばしり、響子は思わず身体を震わせた。
「僕の指を感じてごらん。わかるかい?」
  乳首を指先でつままれた。軽く揉みほぐすように動いた。
「あっ……」
  チリチリした性感が乳首から放射状に走った。
  小杉の手は、さらに胸のふくらみ全体を包みこむようにすくいあげてきた。
「ああ……」
「気持ちいいかい?」
「ええ……」
「不安なことなどないだろう?」
「はい……」
「僕の手をもっとよく感じてごらん」
  小杉の手が動きまわりはじめた。響子の身体のあちこちに、そっと触れてくる。目隠しされているぶん、触覚が敏感になっているみたいだった。全身の感覚が肌の表面に集中している。小杉の指で触られている部分に、全感覚が集中するのだ。
  響子の敏感な場所は、小杉にすべて知られてしまっていた。胸、脇腹、首すじ、肩、腰、そして尻……。指がそういった場所を、掃くように動いた。
  目隠しさせていることもあって、やがて響子は身体をまっすぐに保っていられなくなってしまった。身体がグラグラと揺れてしまうのだ。
「横になって」
  響子はベッドの上であお向けに横たわった。
  小杉の両手が彼女の全身をまさぐってくる。骨盤の両端、太腿の外側、ふくらはぎ、土踏まず、膝、そして太腿の内側を這い昇ってくる。
「ああん……」
  性感帯を丹念にまさぐられ、響子は甘い声をもらしてしまう。感じるにつれ、自分の声がまるで子どものようになってしまうことを、彼女は自覚していた。だけど、どうすることもできないのだ。
「いや……ん……あ……いや……」
  小杉の指が敏感な部分に触れるたび、響子は身体のあちこちをピクつかせては、子どもっぽい声をあげてしまう。
  太腿の内側を撫であげるようにしていた小杉の指が、脚の間の粘膜を外側から挟みこむようにしてきた。
「あ、だめ……」
  中心部の近くを刺激され、響子は性感が急激に高まるのを感じた。
  小杉の吐息が、恥丘の草むらにかかった。

小説の朗読 声:デヴィ

デヴィ

東京都出身1979年1月26日生まれ

160-B86-W58-H842001年『わるのり デヴィ』でデビュー。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧