新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

Shall We レイプ?
淫獄の美人姉妹

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「へへ、美人姉妹の貝くらべか。こいつはいいや」
響子と早英菜は全裸緊縛で秘部を剥かれていた。
男たちに肉裂を無惨に品評され、弄虐される屈辱が、
27歳の未亡人と17歳の女子高生の官能を狂わせる!
熟れた媚肉と清純な処女肉が荒々しく貫かれ、
恥辱の蜜音を奏でる、淫獄の“美姉妹凌辱二重奏”!
登場人物:
きょうこ(27歳)未亡人、さえな(-歳)女子高生、りえ(-歳)その他
シチュエーション:
処女 | 露出(下着・水着・裸) | 肛姦 | 張型(バイブレーター) | 縄・緊縛
立ち読み
「響子、早英菜のことは気にしないで、いつもみたいにイッちまえよ。お前があんなに欲しがっていたチ×ポじゃねえか」
  斎藤が笑う。響子は思わず斎藤を睨んだ。
(こんな連中に!  早英菜ごめんなさい。姉さんを許して!)
  斎藤は響子のかたくなな態度を見て猛然と抽送の速度を早めた。それだけでなく、響子が歓ぶスポットを徹底的に責める。
  乳首が吸われ、舌で転がされたと思うと、柔らかい乳房全体が狂ったように揉みまくられる。耳たぶが噛まれ、耳全体を口に含まれて舐められた。首筋、肩や腹にまでキスをされる。
  それはかつて、愛し合っていたときに斎藤が見せた愛撫そのものだった。愛し合っていた--響子がそう思いこんでいただけなのだが……。斎藤の手や唇は、そのときの響子の熱い記憶を呼び覚ます。
「あっ!」
  響子の口から声が漏れた。そうなるともう止まらなかった。斎藤がさらに、肉裂に突きこみながら指の腹で肉の芽を刺激すると、響子は官能に悶えた。いつのまにか斎藤のキスを受けて、自分から舌を絡めていった。
「そっちも気分が出てきたようだな」
  高田が汗を滴らせながら早英菜に突きこんでいる。
「どうだ、ここらでまた交換といくか」
「いいですね」
  響子があっ、と思ったときには、斎藤の物が体内から抜去されていた。身体にのしかかる重みが消える。
  だがすぐに、新たな粘着質なものが覆いかぶさってくる。響子の身体に汗だくの肉塊が密着し、蜜壷に新たなものがあてがわれる。
「うぅっ!」
  軽く抵抗があったものの、高田のものはまたすっぽりと響子のなかに埋没した。
「へへ、やっぱりだ。店長さんのはお嬢ちゃんに較べると、ふかふかの布団みたいなもんだな。柔らかくてあったかくて、吸いついてくるようだぜ」
  高田が得意げに出し入れする。響子はもう、斎藤のものとも高田のものともわからなくなって、ただ押し寄せる官能に身を任せるだけだった。
「響子って女は、尻の穴のほうもかなりのモンなんですよ」
  早英菜にのしかかりながら斎藤が言う。高田はすぐに興味を示した。
「ほう!  そうかい。美人店長さんは尻の穴のほうも具合がいいか!  そりゃあ試してみなくちゃなるまいよ」
  高田はいったん身体を離すと、肉棒を片手で捧げ持ち、響子のアヌスへあてがう。カエルのように開脚させられていた響子は、アヌスをもぽっかりとさらしていた。やすやすと侵入を許してしまう。
「ほおれ!」
  ぐっ!……と突き入れられた。
小説の朗読 声:里見 瑶子

さとみ ようこ

153-B83-W60-H85主な作品として「浅草キッドの『浅草キッド』」「若妻快楽レッスン 虜」「刑事まつり 第3弾」他多数。「PG」93号 里見瑶子特集

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧