新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

軽井沢レイプ
母娘+女秘書・トリプル肉地獄

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:300円(税抜)

獲得ポイント:3pt
書籍紹介
凌辱の扉は、美人秘書の誘拐からはじまった!
淫獄の罠をめぐらせるのは、一色家の使用人たち!
続いて牝檻に囚われた令夫人が輪姦されている間に、
獣欲を剥きだしにした毒牙は16歳の令嬢にまで!
小夜子、理沙、れいな…別荘地下室に美畜を監禁し弄ぶ
レイプカリキュラムの幕が今、切っておとされた!
登場人物:
さよこ(34歳)人妻、りさ(25歳)秘書、れいな(-歳)令嬢
シチュエーション:
凌辱 | 処女 | 監禁 | 張型(バイブレーター) | 剃毛
立ち読み
  これで小夜子は、両脚を大股に開いた形で宙吊りにされることになった。腕に上半身すべての体重が集中しないよう、胸の上を縛っていた縄が補強され、腋の下から吊りあげるような縄が追加される。地上からの高さは調節され、男たちの腰の高さにぶらさげられた。
小夜子は宙吊りにされた身体を身悶えさせた。股間はこれ以上ないほどポッカリと晒してしまっている。男たちはそんな小夜子の姿を、下から見あげたりして品評した。
「うはは! これはすごい。奥様のお股のなかが丸見えですよ」
「あらためて見ると、ずいぶん毛深いな」
「本当ですねえ。前のお毛毛がオマ×コのまわりまでつづいてますよ。お尻の穴のほうまではえてますよ。へへへ、お毛毛が股座の間をグルッ一周してるみたいだ。まるで毛のフンドシをしてるみたいですねえ」
「フンドシか。それはいい!」
ゲラゲラと笑い転げる。男たちはわざと大げさに言って小夜子の羞恥を煽った。
「ウ、ウソです、そんな! そんなに生えていません!」
小夜子は口惜しさに唇を噛んだ。しかし全裸で吊られた身にはどうすることもできない。股間をのぞきこまれるたびに、肛門がキュッと引き締まる思いがした。
「ひろげてやるか」
益田の指が股間にかかった。秘裂の両側の唇に指をかけ、いっぱいに開く。
秘められた朱肉がこぼれでた。
「ああっ!」
小夜子が恥ずかしさに顔を歪める。
たとえ全裸にされていても、股縄で苛まれていても、まだ肉裂を開かれる恥ずかしさに較べればましだった。女の最後の羞恥の門を無造作に開かれ、恥肉を剥きだしにされる。これほどの屈辱はなかった。
「ちょっと赤いな」
「鮭みたいな色ですねえ」
股縄の責めによって、敏感な秘肉が充血していたのだ。益田は容赦なく、肉真珠を皮から剥いて露出させる。
「大きいな」
「小指の先くらいあるんじゃないですかねえ。こりゃ敏感そうだ」
益田の指が、クイクイと肉真珠を小突く。
小夜子はとたんに震えるような快美を感じておののいた。
「しかしこうやって奥様のオマ×コをお開きして眺められるなんてねえ、夢のようですよ。それにしても、ヘッヘヘ、お汁の多いオマ×コですねえ」
益田に代わって伊東が小夜子の肉裂を悪戯しはじめる。
クチュクチュッ、ピチャピチャッと音をたてさせられ、小夜子の肉裂は右に左にと形を歪ませた。
(こんな……こんな男に、いいようにされて、わたしは……)
口惜しかった。涙が出た。気味の悪い小男と蔑んでいた伊東に、今では身体の奥まで自由にされている。
それどころか、その愛撫に明らかに身体が感じているのだ。


    
小説の朗読 声:佐々木 ユメカ

ささき ゆめか

広島県出身 1974年6月13日生まれ 160-B80-W58-H82

特技 ピアノ 映画を中心に活躍。主な作品として「I・K・U」「アナ−キー in じゃぱんすけ」など。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧