新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

新任音楽教師
凌辱狂想曲

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
憧れの音楽教師となった由加里。
夢と希望に溢れた23歳を襲う屈辱の罠!
半裸で教え子の目に晒される露出授業、
放課後の音楽室で犯される輪姦実習……。
理想も自尊心もズタズタに引き裂かれ、
令嬢音楽教師は学園の牝奴隷に堕ちていく!
登場人物:
ゆかり(23歳)女教師、じゅんこ(25歳)女教師、よしみ(-歳)女子高生
シチュエーション:
凌辱 | キャンパス・学園・大学 | 露出(下着・水着・裸) | 音楽室 | 体育館・プール
立ち読み
「さあ、早く頼むよ、先生」
由加里は震える指でトランクスのウエスト部分をつまみ、ゆっくりとさげる。
グインッと反り返った肉棒が飛びだした。
「ああ……ッ。そんな……」
由加里は眉をひそめた。健吾の肉棒がグロテスクだったわけではなく、それが教え子のものであるという背徳感がそうさせたのだ。
目の前の勃起しきったペニスは、エラの張った立派な亀頭ではあったが、大きさはごく普通であり、初々しいピンク色をしていた。
「先生、いつまでも見てないで、さっさと咥えてくれよ」
健吾が居心地悪そうに言った。由加里は自分が健吾のペニスを見つめていたことに気づいて、頬を一層紅くした。
「じゃ、じゃあ、いくわよ……」
由加里は少女のように、緊張した面持ちで唇を近づけていった。実は、由加里はフェラチオをするのは初めてなのだ。もちろんセックスの経験はあるが、男の性器を口に含むなどという行為は、普通の女性がすることではないと由加里はずっと思っていた。
肉棒の先端からは、刺激を待ちきれずに涎が流れでている。由加里は少しためらったが、先走り液を拭きとることはしなかった。それは健吾を侮辱していることになる気がしたのだ。由加里は亀頭の半分ほどを唇で包んだ。舌先で痺れるような味覚を感じた。
「先生、もっと深く咥えるんだ……」
健吾がややうわずった声で言う。
由加里は唇を進め、亀頭全体を口に含んだ。最大限に勃起し、皮膚がパンパンに張った亀頭で、由加里の口内が満たされた。
若い牡の獰猛な汗くささが由加里の鼻を突く。
肉棒を咥えこんだものの、その後どうしていいかわからず由加里はじっとしていた。自分から奉仕するには、ためらいが大きすぎる相手だった。
健吾が由加里の髪をつかんだ。由加里は驚いて上目遣いに健吾を見る。
「先生、唇でしごいてくれなきゃ気持ちよくならないよ。恥ずかしいんなら、俺が代わりに動かしてやるよ」
健吾は無理やり、由加里の頭を上下させた。由加里は苦しそうに眉間に皺を寄せたが、抵抗したりはしなかった。最初は健吾の手に引きずられるようにしていたが、やがて自分からリズムをつけて、肉棒を刺激しはじめた。
唇をすぼめて、キュッキュッとペニスを絞りあげる。快美な感触によって、健吾の肉棒はふくれあがった。大量に湧きでてきた由加里の唾液が、亀頭から肉棒の根元へと一筋流れた。
(ああ……私は生徒になにをしているのかしら……)
罪悪感と羞恥心が、由加里の頭のなかをグルグルとまわっていた。
小説の朗読 声:柴崎 怜美

しばさき れいみ

東京都出身 O型 1976年9月28日生 160-B88(E70)-W58-H85

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧