新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

清純新入社員・詩織
二十歳の凌辱研修

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

清純新入社員のもとに届いた一通の電子メールが
おぞましき凌辱研修のプロローグだった
見えない脅迫者の奸計にはまり
オフィスで受ける強制フェラチオの恥辱
信頼していた上司に処女を散らされる屈辱
身体に棲む魔性の血が詩織を牝に変えた!

登場人物:
しおり(20歳)新入社員
シチュエーション:
痴漢 | 処女 | 凌辱 | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス) | 肛姦
立ち読み

  あああ……。
  詩織は足もとから、なよなよと崩れ落ちそうになった。しかし、満員の通勤電車のなかでは、それさえままならない。四方から押され、身体を支えられたような状態になる。
  うつむき、桜の花びらのように可憐な唇をぎゅっと噛みしめる。あまりの屈辱に、清楚な顔が哀れなほど赤く染まっていた。
  痴漢の指が、パンティストッキングとパンティ越しに、詩織の秘所にぐぐっと押しつけられる。その瞬間、パチンとなにかがはじけた。それは小さな星がいくつも、目の前でちかちか瞬いているような感覚だった。
「あぅ……」
  詩織は囁くような声をもらした。
  先ほど目があった若いサラリーマンふうの男性が、はっと詩織に顔を向けた。
  気づかれた。そう思うと、全身が炎に包まれたように熱くなった。あまりの恥ずかしさに、身体が蒸発し、気化してしまうのではないかとさえ思った。
  若いサラリーマンふうの男性は、ほんのつかの間、好奇心に満ちた目で詩織を見た。しかし、すぐにあらぬ方向に目を向ける。見てはいけないものを見たというような感じだった。
  詩織はずっとうつむいていた。顔をあげることができなかった。今まで生きてきて、これほど恥ずかしい思いをしたのははじめてのことだ。
  痴漢の指に反応して、いやらしい声をもらしてしまうなんて……。
  泣きたい気分だったが、そんなこともいっていられない。痴漢は今なお、詩織の秘所に指を押しつけているのだ。
  竹箒のようなごつごつした指が、考えられないほど繊細なタッチで秘所をまさぐる。
  こんなさわられかたは初めてだった。まるでピアニストが感情豊かに鍵盤を叩くときのように、痴漢の指は詩織の秘所に語りかけてくる。
  どうだい、気持ちいいだろ。黙っててもわかるぜ。おまえは、いやらしくてスケベな女だ。こうやって、オマ×コをいじりまわされると、たまんなく気持ちよくなっちまうんだろ……。
  違います。気持ちよくなんてありません……。
  詩織は瞼をぎゅっと閉ざし、いやいやをするように首を横に振った。しかし、お嬢様ふうの清楚な顔には、そこはかとない艶のようなものが浮かんできている。
  痴漢の指が、秘所のクレヴァスに当たる部分を前後に掻くように往復する。ゾクゾクと、背筋を粟立てるような快感が、詩織の体内を駆け抜けていく。いくら否定しようと思っても、すでにこんなに感じてしまっていては、まったく信憑性がない。詩織は自分の身体を呪った。信じられないくらい敏感で、あきれてしまうほどいやらしいこの身体を。
  ぐっと、痴漢の指が強く秘所に押しあてられる。

小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧