新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

倒錯女教師
私を狂わせた二人の少年

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
女教師には人に言えない恥ずかしい性癖があった。
二人の少年との間に結ばれた倒錯背徳の関係。
教え子にピアノ教室で背後から貫かれ、
街で狩った少年には女体の魔力で嗜虐の虜に……
綱渡りの危険な蜜戯に酔う音楽教師・万希子。
25歳の狂った私生活が今、暴かれる!
登場人物:
まきこ(25歳)女教師
シチュエーション:
覗き | 張型(バイブレーター) | 自慰 | 音楽室 | 美術室
立ち読み
「尚紀くんは、こういうことって初めてなの?」
「ハ、ハイ……」
「じゃあ、私が教えてあげる……ね、万希子のなかに入るのよ」
  少年の下腹部にまたがったまま、万希子はさらりとブラウスを脱ぎすてた。つるんとした肩が現われ、淡いグレーのスリップ一枚となった。シルクのスリップの裾が捲れ、こんもりした陰毛で飾られたデルタ地帯が剥きだした。
  堅くなっている尚紀にやさしく微笑みかけ、わずかに腰を持ちあげる。右手でそっと漲りを支えると、蕩けた淫肉を尖塔の先にあてがう。
「アアッ!」
  ぷっくり張りつめた亀頭が濡れた粘膜に包まれた瞬間、尚紀は声をあげた。初めて知る感触に、顔がみるみる真っ赤になる。
  堪えるように苦渋の表情を浮かべているのを感じつつ、万希子は突っぱった肉棒めがけて、じわじわと腰を沈めていった。
「ウフフ、どーお?  万希子の秘密の場所に入りたい?」
「ウワッ、だ、駄目だよっ!  僕、こんなの、我慢できない!」
  ぷっくり膨れた先端部分が、秘口のなかにおさまる。尚紀はじっとしていられないらしく、大騒動となった。
「ゆっくり進むからね。我慢できなかったら、先生のなかに出しちゃっていいのよ」
「アアッ、すごい、すごいよ!」
  顔を歪めて、尚紀は快感に堪えている。その様子を見て、万希子もかろうじて保っていた節制が吹きとびそうになった。
  充実した亀頭が、久しぶりに秘口を押しひろげていた。漲った肉の弾力で、目が眩みそうになる。ほどよい圧力で膣口にフィットした肉塊に、理性を奪われそうだ。
「ああん、尚紀くん、いいわ……もっと奥まで填めるわね」
  真新しい肉杭がそそり立っている男子生徒の股間に向けて、万希子はさらに腰を沈めていった。濡れた肉襞が、漲り張りつめた肉肌の周囲をねっとり取りかこむ。コチコチに屹立した肉棒を咥えこみ、膣壁は引きつった収縮を繰りかえす。
「ううっ、くうっ、こんなのって……」
  尚紀は、敏感な部分に課せられた未知の刺激と闘っていた。肉茎の根元近くまで膣に呑みこまれると、少しばかりもたげた首をブルブルッと横に振って、意識を覚醒しようとする。初体験だけあって、膣のなかに入っているだけで、今にも爆発しそうなほど硬直している。
小説の朗読 声:三田 友穂


1978年6月27日生まれ 東京都出身 血液型B型 B84cm(70-Cカップ) W58cm H82cm 身長153cm 体重44kg シューズ23.5cm 趣味 ゴルフ

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧