新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

人妻二十七歳
身体を流れる魔の血淫

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
幸せに暮らしていた人妻に過去からのおぞましき使者が!
麗しき女体に潜む魔性を封印していたはずなのに、
20歳当時の牝奴隷写真を見せられ、渚の理性が狂いだす。
羞恥、隷従、奉仕、緊縛、張形、露出、浣腸……
あなた、許してください。渚は情けない恥ずかしい女なの……
甦る悦楽が27歳の人妻を悪魔のもとに走らせる!
登場人物:
なぎさ(27歳)人妻、なほ(-歳)女子高生
シチュエーション:
縄・緊縛 | 凌辱 | SM | 露出(下着・水着・裸) | 強制舌戯(イラマチオ・クンニリングス)
立ち読み
「そこまでだ、安達」
  氷高がパシッと渚の尻たぼを張った。悟の長髪をつかみ、渚のヒップから引き離す。
「あんっ、どうしてっ」
  おあずけをくらった牝犬が、むずがるように鼻を鳴らす。開花しているふたつの穴は、どちらも淫らに潤い、パクパクとペニスを求めていた。
「とどめは俺のマラだ」
  山岸が悟と渚の間に入った。鋼のような怒張をしごき、しっとりと濡れたアヌスへとあてがう。
「いや、いやっ」
  渚は逃げようとした。しかし、その前に先端がめりめりっと入ってきた。
「痛、痛っ……ううっ、うう……」
  汗の光る喉を晒し、渚は獣のようなうめき声をもらす。
  裂けてしまうかと思ったが、女の身体は柔軟である。それはオマ×コ同様、尻の穴もそうだった。せいいっぱい開き、野太い鎌首を受け入れようとする。
「あ、あうっ……」
  四つん這いの裸身があらたな脂汗でヌラヌラになった。濃厚な牝の匂いが地下室に充満する。
「苦しい……ああ、苦しいの」
「やめろ!  やめてくれ!」
  悟からは、山岸の尻しか見えない。渚がもらす苦悶のうめきが悟の心をかきむしる。
「あ、ああ……大きい、大きい……裂けちゃう……ああ、渚のお尻、裂けてしまいますっ」
  これ以上、ひろげようがないくらい、渚の尻の穴が開いた。ずぼっと先端がめりこむ。
「うんっ……」
  瘤のような先端が入ると、あとは楽だ。みしみしと軋ませながらも、少しずつ渚の後ろの穴へと怒張が侵入していく。
「あっ、ああ……だめ、だめです……」
  完全に穴をふさがれ、渚は息もつけなかった。アヌス全体が燃えるように熱く焦がれ、七年間忘れていた背徳のエクスタシーが迫ってくるのをひしひしと感じた。
  だめ……ああ、もう、だめ……。
  頭のてっぺんから足の先まで、すうっと力が抜けて、渚の存在そのものが消えようとしていた。すべてを、このサディストに乗っ取られた。
「ア、アアッ……渚、イク、イク……イクうっ」
  脂汗を振りまいて、渚はひたすら「イクッ」と叫びつづけた。
  魂までゆさぶるようなアクメは、息つく暇もなく次々と襲いかかり、渚は喉が嗄れるまで叫びつづけた。
  死ぬ……と思った時には「イクッ!」という自分の声も聞こえなくなった。
小説の朗読 声:本城 小百合


1979年3月3日生まれ AB型 161cm B83 W58 H84 特技:エアロビクス、ジャズダンス

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧