新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

黒い下着の禁姉

本を購入

本価格:486(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
ああ、姉さんがあんなにいやらしいなんて!……
放課後の美術教室で覗き見たみちるの痴態
禁断の光景に理性を失い、自慰に狂った滋
すべてを知っていた姉は淫らな黒下着姿で挑発し、
戻られぬ倒錯相姦の魔性に弟を誘いこんだ
快楽に溺れてしまった姉弟に禁忌はなかった――
登場人物:
みちる(23歳)姉
シチュエーション:
姉弟相姦 | 剃毛 | 美術室 | 覗き | 自慰
立ち読み
みちるは肘で支えながら上体をおこし、滋の胸のあたりに唇を押しつけた。姉の唇がふれたとたん、甘い官能が全身にひろがった。
「は……くぅぅ」
  滋は首をのけぞらせる。
  みちるは舌をのぞかせ、滋の胸部全体をゆっくり舐めまわしはじめた。まず舌をたっぷり繰りだし、脇腹から乳首のほうに舐めあげる。姉の舌が這ったあとに、刻印のような快感が残された。背筋が震え、首筋の毛が逆立った。
「おいしい……すごくおいしいわ、滋」
みちるは上気した表情で滋を見あげた。舌をとがらせ、乳首をちろちろとくすぐる。羽毛で撫でられているような微妙な感触。皮膚の内側で虫が這っているようなむずついた快感が踊る。
「あああ……はっ……姉さん……す、すごいっ」
  滋は吐息まじりの言葉をもらした。
姉の舌は変幻自在に滋の胸板の上を這う。肋骨にそって横に動いていたかと思うと、今度は乳輪の周囲をくるくるとまわり、その次は脇腹をねっとりと這うといった調子で、次の動きがまったく予想できない。
  滋の性感は、荒れ狂う川に浮かべられた笹舟のようなものだった。姉の舌に翻弄され、ただひたすらに流されていく。
  身をよじり官能の吐息をもらす。この前、姉にフェラチオされたとき感じたのは、落雷の直撃のような直接的な快感だった。しかし、今、体内を席巻している性感の奔流は、また違った感覚だ。
  激しいのに、どこか優しさも感じさせてくれる感覚。包みこまれるような安心感もあった。滋は無心になって姉に身を委ねることができた。みちるは半身起きあがり、滋のTシャツを脱がせてくれた。
  姉の両腕が、裸になった滋の背中にまわる。心地よい温もりが滋の身体に沁みこんできた。胸板にやわらかな感触が伝わる。赤いキャミソールを持ちあげる乳房のふくらみが、滋の胸に押しつけられているのだ。
  みちるは唇を滋の肩口に押しつけ、肩胛骨から首筋にかけて舌をねっとり這わせてきた。細波のような快感が滋の身体を震わせた。
  頭がぼんやりして、夢のなかにいるような気分になる。実際、今起こっていることが、現実のことだという実感がなかった。
  姉に優しく抱きしめられ、肩や首や胸に舌を這わせてもらっている。しかも自分は、上半身は裸で、下半身もスウェットを膝までおろされ、もっとも恥ずかしい場所をさらしているのだ。
「滋……わたしにさわって……お願い」
小説の朗読 声:範田 紗々

はんだ ささ

4月18日生まれ T158-B90-W59-H82

主な作品として『ホームジャック』『殺し屋・蘭 美しき処刑人』『過激派オペラ』『いびつ』『凶悪』『ぐちゃぐちゃ』『ホームジャック リバース』、写真集『紗々‐sasa‐』他多数。

範田紗々のジャイアントパンダ日記
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧