新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

若妻二十四歳と少年・罪の絆

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「ああ、ご主人さま、きて……なかにいっぱい出して」
実弟を「主人」と呼ばねばならない美姉の悲哀と屈辱。
なのに光を失った少年は、今、剛直を締めつけている媚肉が
若妻となった姉のものだとは知る由もない、この悲劇!
「拓也、きて……ああ、もっと突いて、もっと深く」
奈緒子が悦の声を放った時、真の罪劇がはじまった!……
登場人物:
なおこ(24歳)人妻
シチュエーション:
凌辱 | 姉弟相姦 | 映画・ビデオ | 野外 | 輪姦
立ち読み
  手が使えないとあっては、猛り勃つペニスを静める方法はひとつしかなかった。
  奈緒子は素早く上体を前に倒すと、拓也の股間に顔をすり寄せた。
  透明な液をにじませた亀頭が、唇に触れた。
  お父さん、お母さん、ごめんなさい……。
  天国の両親に許しを乞うと、弟の性器を口にふくんだ。
「あっ……」
  驚いたような声をあげ、拓也の動きがとまった。
  アイスキャンデーのように、音をたててしゃぶった。弟の肉棒は、青い草のような匂いがして、わずかにしょっぱかった。
  拓也は身悶えして、腰を後ろに引いた。奈緒子は口から離すまいと、懸命についていった。
  射精させられると思った次の瞬間、花びらの中心を割って、舌が入ってきた。
  あっ!……
  拓也が彼女の股間に顔をつけ、陰部を舐めていた。姉と弟は頭と足を逆にして重なり合い、シックスナインの体位をとっていた。
  二人はまるで競争するように、相手の陰部を口で責めた。ピチャピチャと舐める音が、部屋のなかに響いた。
  わたしは実の弟に恥ずかしい部分を舐められ、ペニスをしゃぶっているんだわ……。
  自分たちの姿を頭に思い描くと、夫に対してよりも、死んだ両親に対して罪の意識を覚えた。
  お父さん、お母さん、これも拓也の目を治すためなんです。悪いのはすべてわたしなんです。どうか拓也を責めないでやって。だからどうかおねがい、拓也に正体を悟られないよう、力を貸してください……。
  どれほど言いわけをしようと、世間からは決して許されることのない、背徳の行為だった。それがわかっていても、とめることはできなかった。
  阿久津に仕込まれたフェラチオだったが、奈緒子にとって決して好きにはなれない行為だった。排泄器官を口にふくむということに、どうしても嫌悪感を抱いてしまうのだ。
  ところが今は、弟のペニスを口に入れていても、汚いという気持ちがまったくしなかった。早く果てさせなければという切迫感のさなかにも、ほかの男たちとは違う愛しさを覚えていた。
  竿だけでなく、くるみのような陰嚢にも舌を這わせた。こりこりと硬い二つのボールが、舌先に感じられた。ごわごわした陰毛も、菫色のアヌスも、すべてが愛しかった。
  少年は蜜壺を吸いながら、指先をアヌスに挿入してきた。
  ああ駄目っ、そんなとこを触っちゃ……。
小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧