新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

母の秘密・女教師の秘密

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
うたた寝から目覚めさせたのは、胸を這う温かな感触。
教え子が、実の息子が、翔子の乳房をまさぐっている。
そう、もっと吸って。私はあなたのお母さんなのよ……。
いじらしさに、とめどない母性が倒錯へと歩ませる。
十五年の時をへて、教師と生徒として再会した愛息。
もう放さない……優は私のもの、私は優のもの。
登場人物:
しょうこ(34歳)実母、さきこ(26歳)女教師、まいこ(-歳)女子高生
シチュエーション:
母子相姦 | キャンパス・学園・大学 | 浴室 | 処女 | 誘惑・挑発
立ち読み
  今の翔子の歓びは複雑だった。大きく成長した優を見守る喜びに加えて、女としての歓びがあった。
  優の手が加えられた圧迫感で、奥深いところの肉襞が飢えたようにざわめきはじめていた。早くここまできて、と叫ぶように蠢くと、生温かい愛蜜がしとどに溢れでた。
「先生……気持ちいいかい?」
  一瞬どう答えようかと迷ったが、指先がいきなり亀裂をなぞると正直に、「いいわ、とてもいいの……」と告白していた。
「ぼく、嬉しいよ」
  優も素直に心情を吐露した。
「先生、もっとよくなって」
「無理しないでね」
「先生の歓ぶ顔が見たいんだ」
  指先は肉路を押し開いて陰唇の裏までなぞり、絶妙なタイミングでクリトリスを揉んだ。
「ああっ、どうしよう」
  押し寄せる快感をこらえきれずに翔子は歓びの声をあげ、腰をうねらせた。
「先生……ぼく知りたい……いろいろ知りたいんだ」
  少年の飽くなき欲望の対象になることに、女の歓びを感じた。
「どうしたいの?  どうすればいいの?」
  犠牲、奉仕、という言葉がちらついた。果たしてそれに徹しきれるかというと、まったく自信がなかった。
「先生の歓ぶ顔が見たいよ。なにもかも忘れて歓ぶ姿が見たいんだ」
  優が同じことを口走った。翔子は優の世界にどっぷり浸ろうと心に決めた。あらゆる社会的通念を超え、束縛を解いた二人だけの世界こそ、なにものにも代え難い母子の絆をより強力にするのだと悟った。
  翔子を母と知らない優は、豊かなヒップをすくうようにかかえると、淡紅色に染まる陰唇を指先で開き、ざわめきつづける膣口に舌を這わせた。甘酸っぱい味が舌先にひろがり、性臭が鼻腔をくすぐる。
「あううっ……ハーン……」
  翔子の腰が躍った。しかし狭間に吸いついた少年の舌は離れることなく、腰の動きにつれて這いまわった。
「あう……私……いい……そこが……あーっ、どうしよう……もう……」
  心の底からの官能の声は、優を欣喜雀躍させた。
  一気に噴きでた熱い滴りは、そのまま舌に吸い取られて少年の喉を潤した。だが愛液が涸渇することはなかった。後から後から、とめどなく溢れる歓喜の愛汁は、あますところなく優の胃袋に溶けこんだ。
  活発な舌の動きに翔子は我れを忘れ、翻弄された。
小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧