新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

若妻・亜沙美と渚 倒錯露出蟻地獄

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:300円(税抜)

獲得ポイント:3pt
書籍紹介
見られている。夫以外のペニスに口づけする唇を。
視姦されている。牡に貫かれ、穢しつくされる女性器を。
恥ずかしいわ。でももっと見せなきゃいけないのね。
私は脅迫され、男たちの前で痴態を演じる哀しい奴隷妻……
浴びる視線で女体が熱い。これは屈辱か、悦楽なのか?
若妻・田島亜沙美が陥った蟻地獄、それは露出の魔空間。
登場人物:
あさみ(25歳)人妻、なぎさ(27歳)人妻
シチュエーション:
露出(下着・水着・裸) | 体育館・プール | 野外 | 羞恥プレイ | 監禁
立ち読み
「ああ、意地悪なさらないでください」
  亜沙美はずっと砂浜のほうを見つめている。みんな、こっちを見ていた。みんな、今、私が裸同然なのは知っていた。
  オマ×コをぐしょぐしょにさせていることも知っているはずだ。
  私は変態女と思われている。それを否定することは無理だ。
  じゃあ、とことん、変態女になってやる。きっと、死ぬほど気持ちいいはずだ。
「く、ください……」
「欲しいんだな」
「ああ、入れる前に、お名前を、せめてお名前だけでも、教えてください」
「顔を見てもいいぞ」
「いいんです……お名前だけ、わかれば、亜沙美、それで幸せです」
  顔を見るのは怖かった。どこか、非現実の気分でいたかった。相手の顔を見てしまえば、あまりにリアルになってしまう。
「佐伯だ」
  一気に貫かれた。
  立ったまま、水中で、後ろから、亜沙美は夫以外の男にオマ×コを許した。
「いいっ」
  一撃で、亜沙美は絶叫していた。
  一撃で、亜沙美はイッていた。イッたまま、歓喜の声をあげつづける。
「いい、いいッ、イク、イイッ、イク、イク、いいっ……」
  亜沙美は目を閉じなかった。こちらを見つめる男女を瞳に映したまま、骨までとろけてなくなりそうな肉の愉悦に、すべてをゆだねていた。
「イク、イク……イクっ、イクっ」
  亜沙美は歓喜の声を叫びつづけた。
「おうっ、なんてオマ×コだっ。水中なのにチ×ポ、食いちぎられそうだっ」
「イク、イク……イクっ」
「おうっ」
  佐伯のスペルマを子宮に浴びた。
  亜沙美の頭も身体も真空になった。
  ペニスが抜かれ、支えを失った亜沙美はそのまま、水中に沈んでいった。
  気が遠くなる。このまま消えてなくなってもいいと、ふと亜沙美は思った。
  が、これで終わりではなかった。
  腕をつかまれた。引きあげられる。
「もっと、気持ちよくなりたいか、亜沙美」
  背後から抱きしめられ、耳もとで囁かれた。
「はい、なりたいです」
「よし、じゃあ、砂浜に戻って、みんなにオマ×コを見せつけろ。そうだな、四つん這いがいいな」
小説の朗読 声:時任 歩

ときとう あゆむ

東京都出身 1976年10月2日生まれ 162-B87-W58-H88

映画・Vシネマ・テレビ・グラビア等で幅広く活躍中。主な作品として映画『I・K・U』『空の穴』『どチンピラ3』など。

時任 歩公式HP「STOIC」
タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧