新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

義母・禁断週間

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

「お姉ちゃんはもっとエッチなことしてくれたけどな」
姉弟の危険な関係を知ったため、息子の欲望を満たすため、
由希子は息子の肉棒を、昨日も今日も咥えつづけるはめに……
強すぎる母性が新たな禁忌を呼び、女体が貪る魔悪の快楽に
理性がもろくも崩れ落ちていく皮肉、悲劇、秘悦。
「ああ、私は愚かな母」……禁断週間は今夜も終わらない!

登場人物:
ゆきこ(30歳)義母、あき(18歳)姉
シチュエーション:
母子相姦 | 言葉嬲り | 姉弟相姦 | 誘惑・挑発 | 羞恥プレイ
立ち読み

「あっ……裕ちゃん、そこは、駄目なのっ」
  裕一が、うっすらと唇を開き、胸乳に向かって顔を伏せてきた。期待が、女の官能をいっそう高め、神経を敏感に研ぎ澄ます。ネットリと湿気を帯びた熱い吐息が、柔肌をザワザワと総毛立たせた。
  息をとめてその瞬間を待ち構えていた由希子が、耐えきれずに息を吸いこんだとき、弾力性のある温かなぬめりが、ついに乳首にかぶさってきた。
「あんっ……」
  過敏になった神経が、ヌルッと逆撫でされ、全身が蕩けそうになる。唇を尖らせた裕一に、赤ん坊のように乳首を吸われると、そこから身体が吸いこまれてしまいそうだ。
「ああ、裕ちゃん。そんなことして、赤ちゃんみたいよ」
  快感を認めるのが恥ずかしくて、ふざけ半分にそう言うと、思いがけず裕一が、嬉しそうに顔をあげた。
「僕、ママの赤ちゃんになりたいな。いいでしょう、ママ」
「ああ、裕ちゃん……」
  由希子の胸が熱くなった。なさぬ仲の義理の息子に、そこまで言われて、心を動かさない母親がいるだろうか。
「そうよ。裕ちゃんは、ママの赤ちゃんよ。もっとおっぱい吸っていいのよ」
  夢中で叫ぶ由希子の心からは、中学生の男に乳首を与えるという行為が、どれほど不道徳で不謹慎なものかという思いも、半分消えかかっていた。
「ママ……」
  裕一が、嬉しそうにほほ笑みかえしてくる。その天使のような邪気のない笑顔に、いっそうの愛おしさが募って、なにもかも与えてやりたくなる。
「ママも、気持ちよくなってくれてるんだね?……」
  返事の代わりに、由希子は思わず裕一の顔を胸に抱き寄せ、つぶれんばかりにふくらみに押しつけて叫んでいた。
「ああん、裕ちゃん。ママも気持ちいいの。吸って、ママのおっぱい、好きなだけ吸ってちょうだいっ……」
  今や由希子は、こみあげる快感を隠そうとするふりすら、放棄していた。
「うん、ママ……」
  裕一の目が輝き、今度は、乳房にかぶりついてきた。小さな口をいっぱいにひろげ、小山のようなふくらみを、すべて口中におさめようとする。その無謀な試みが、乳房への彼の執着を物語っているかのようで、由希子の心は、限りない嬉しさにざわついた。
「あっ、いいわ。ママ、それ、いい……」
  唾液にぬめる歯を、まるで鋤のように立てて、うねる柔丘をやさしく掘りかえす。
「もっとおっぱい噛んで。ママ、それ、大好きよ」
  頂点にたどり着いた歯が、こわばりきった乳首をやさしく噛んだ。由希子は、もうどうなってもいいとばかりに悲鳴のようなよがり声をあげ、はしたなくも、うなじをのけぞらせていた。

小説の朗読 声:デヴィ

デヴィ

東京都出身1979年1月26日生まれ

160-B86-W58-H842001年『わるのり デヴィ』でデビュー。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧