新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美姉はいけない若妻
亜沙子・三十歳の私生活

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

30歳、ムチムチの裸身が貪婪に快楽を求めてうねる。
なんて気持ちいいのか、硬い肉で攪拌されるこの感触は。
相手は弟、仕事一途の夫とは大違いな性欲に狂った18歳。
いけない、はしたないと蔑みつつも亜沙子はやめられない。
後ろから前から、上から下から……今日も昼間から、
美姉と弟の、禁忌を超越した獣のような交尾がはじまった。

登場人物:
あさこ(30歳)姉、ちさこ(20歳)女子大生
シチュエーション:
姉弟相姦 | 放尿 | トイレ | 凌辱 | 脅迫
立ち読み

「ソファに座って。姉さんのオマ×コ、しゃぶらせてよ」
  その言葉を聞いただけで、亜沙子の身体にブルブルッと震えが走った。ずっとずっと、このときを待ちわびていたような気がした。
「いやよ、そんなこと」
  そう答えつつも、股間はしとどに濡れて、いやらしい匂いを発しているに違いなかった。
  そう思えば羞恥はますますつのり、そして欲情が昂っていく。
「好きにしていいって言っただろ。ほら、早く」
  命令され、無理強いされているのだ。
  亜沙子は自分をそう納得させてソファにあがり、腰をおろすと、言われるより先に自分から、大胆にも両足までソファに載せてM字に開脚していく。
「そうそう、それでいいんだ」
  パックリと割り開かれた股間に目を奪われ、息を呑みながら、雄二はソファの前にひざまずき、股間に顔を寄せていく。
「あ、あああああ……」
  割れた秘肉に息がかかって、亜沙子は身震いする。
「フーンッ、さっきよりもっといい匂いがしてる」
  指で襞肉を開き、鼻を寄せてクンクンと匂いを嗅ぎまわる。
「はあああああンッ……」
「おっと、お露がこぼれる」
  雄二は言うなり口を押しつけ、唇をすぼめて亜沙子の女陰を啜る。
「はあっ、ああああああンッ」
  気持ちよくてうれしくて、ソファに載せた足が浮いてしまう。
「ウォーッ、うまい!」
  千沙子の女陰にかぶりついたときは無我夢中だった。匂いも味も堪能する余裕などなかった。今日は昨日よりもずっと、落ち着いて味わうことができる。
「アー、おいしいなあ。どうしてこんなにおいしいんだ、オマ×コって」
  歯噛みし、舌舐めし、吸い、しゃぶり、啜り、口腔のすべてを使って亜沙子の女陰を心ゆくまで堪能する。
「あ、あああッ、いやぁ、はああああああンッ……」
  上体はソファに沈み、両脚はもう完全に宙を舞ってしまっている。
  凌辱されているのに、無理やり辱しめられているのに、この悦びは、このうれしさはなんなのだろう。
  亜沙子は女体のふしだらな反応に戸惑いつつ、引きこまれずにはいられない。
「アアーッ、いいなあ。おいしいな。ずっとこうやって、ずっとずっと舐めていたいなあ」
  そんな感嘆の声をあげられて、心底好きで好きでならない、そんな思いのヒシヒシと感じられる口淫を施されつづければ、亜沙子ももう身も心も宙を舞い、すっかり夢心地になってしまう。
  ああああ、そうして、ずっとずっと、いつまでも舐めて、好きなだけ吸って、しゃぶっていて……。
  卑怯な、落ちこぼれで最低の凌辱者に向かって、亜沙子は心のなかでそう答えてしまっていた。

小説の朗読 声:デヴィ

デヴィ

東京都出身1979年1月26日生まれ

160-B86-W58-H842001年『わるのり デヴィ』でデビュー。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧