新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

名門高校教師・悪魔のような生徒の前で

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
淑やかな女体を晒すほどに、Mの魔臭を振りまき、
嬲虐に涕くほどに、被虐美を露わにする。
選ばれし名門高校教師ゆえに潜む、奥深き官能は、
生徒という禁断の存在を前に、美しく開花してゆく。
痴漢通勤、口唇奉仕、恥部開陳授業……。
聖職者たる矜持も裂かれた美教師が開く、牝奴隷の扉!
登場人物:
れい(23歳)女教師、あや(22歳)女教師、りおな(-歳)女子高生
シチュエーション:
露出(下着・水着・裸) | 野外 | 写真 | トイレ | 自慰
立ち読み
  艶やかに生え揃った茂み。普段なら、大人の証しのヘアによって、隠されているはずの割れ目が、楕円を描くようにひろげられ、その奥の、おんなの花園までが剥きだしとなっていた。
  だから、普通なら黒々としている部分が、ピンクにぬめって見えていた。
  教室の外に出た生徒たちは皆、目を丸くさせ、瞬きするのも惜しんで、新任の美人教師の一番女らしい部分を、凝視している。
  そこは、指でひろげられているわけではなく、しっかりと固定されていたので、どこからでも、はっきりと見ることができたし、彩の意志によって、閉じられたり開かれたりすることもなかった。
  完全な開陳。さあ見てください、とすべてあからさまにされていた。
  ああ……ああ……見てる……三組の生徒たちも……皆、私の、オマ×コ、じっと見ているわ……。
  前だけを見て、一歩一歩、ゆっくりと進んでいる彩だったが、生徒たちがどこを見ているかは、はっきりとわかっていた。
  感じるのだ。剥きだしのままのおんなの粘膜に、数えきれないくらいの視線の矢が、突き刺さってくるのを感じていた。
  こうなることを知っていて、三組や二組の生徒たちは、私を引きとめたのだろうか。私の裸を、私のオマ×コを見たいから、やめないで欲しい、と訴えてきたのか。
  けれど、もう、どうでもよくなってきていた。
  彩の花園は濡れていた。生徒たちに見られ、感じていた。それは、とめどなく溢れてきた。終わりがなかった。
  視線を感じている間は、渇れることがなかった。
  露出好きなマゾ教師であることが、エリートクラスの生徒たちにもわかってしまったのだ。
  こんな身体をしていて、教育者面なんてできない。
  そうよ。私は四組のおもちゃ。いいえ、今日からは、二年生全体のおもちゃになるわ。
  裸が見たい時は言って。しゃぶって欲しい時は言って。若い欲望はどんどん発散させて、勉強に集中して。悶々としているなんて、時間の無駄だわ。先生が、抜いてあげる。すっきりさせてあげる。だから、ずっと、ここに置いて。お願い。
  ぱっくり開いたままの彩の恥部から、淫らな愛液が滴っていく。それは、恥毛を濡らし、太腿の内側にまで流れていった。
  彩はイキそうだった。このままずっと、オマ×コを丸出しにしたまま、S学院の彩でいたかった。
小説の朗読 声:デヴィ

デヴィ

東京都出身1979年1月26日生まれ

160-B86-W58-H842001年『わるのり デヴィ』でデビュー。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧