新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

監禁

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
素っ裸に剥かれ、荒縄が食いこむ白き女肉に、
電流が走り、鞭が飛ぶ!
男たちの悪辣な手管で監禁された女たちにとって、
ここ「秘密クラブ」は地獄そのものだ。
若妻、女教師、令嬢……美女の嗚咽が、悲鳴が、涕泣が、
いつ果てるともなく、今夜も密室にこだまする!
登場人物:
まきこ(22歳)女子大生、まきこ(28歳)人妻、あやこ(-歳)秘書、れいこ(26歳)女教師、きみこ(18歳)女子高生
シチュエーション:
監禁 | SM | 鞭・スパンキング | 媚薬・薬物 | 処女
立ち読み
「最初は五十ボルトぐらいにセットしておいてやろうかね、先生」
「やめてください!  それだけは……なんでもおっしゃるとおりにいたしますから。電気だけは……」
  そう男たちに教えこまれたのか。床にひざまずき、白い両手を合わせる。そんな恩師の姿を見ると、本宮貴美子は悪夢にうなされているような錯覚にとらわれるのだった。ちょっとツンとおすましした感じのある、でも本当はすごく心の暖かい湯川先生。その一挙手一投足が気品に満ち、外人のどんなパーティに出しても決してひけをとらない威厳と美しさを備えた湯川令子先生。その先生が今、丸裸に剥かれた哀れな姿で、しかもおぞましい貞操帯まではめられたまま、ひざまずき、男に許しを乞うている。
「ああ、湯川先生……」
  思わず呟くと、全身に羞じらいを滲ませながら、令子は力のない笑みを浮かべて、
「本宮さん、先生、もうこんなに意気地のない女になりさがってしまったの。ごめんなさいね。幻滅なさったでしょう」
「先生!」
「もう、なにもいわないで。でも、あなたにだけはこんな目にあってもらいたくなかったのに……ぎゃっ!」
  ふたたび全身を硬直させて令子がのけ反った。
「少し大袈裟すぎるんじゃないか、湯川先生?  たかが五十ボルトぐらいでそんなでっかい声だすなんて……」
「男の方にはわからないのです。これがどんなに残酷な苦痛をあたえるものなのか……」
  肩を大きく波打たせ、やっとショックから立ち直った令子が恨めしそうな表情を浮かべていった。
「あれほどお願いしましたのに……私、なんでもいうこと、聞きますから、どうかそれだけは……」
「わかった、わかった。じゃ、さっそくだが、その十字架のお嬢さんの服を脱がしてやってくれ。先生ばかりが裸じゃあ生徒も照れくさいだろう」
「はい、わかりました。どこから脱がしましょうか」
「ほう、また愁嘆場を演じるのかと思ったらやけに素直じゃないか。生徒さんのほうでびっくりしているぜ。先生だけが唯一の味方だと思っていたのによ」
「私はあなたの奴隷ですわ。奴隷というより家畜……家畜には人情も同情もありませんもの」
「じゃあ、スカートから脱がしてもらおうか」
「はい。これ、テニスウェアの時はふつう、スコートと呼んでおりますのよ」
「ほう、そいつは知らなかった。スコートとはまたキザな発音じゃねえか。いかにも軽井沢族の連中が考えだしそうな呼び名だな。じゃ、そのスコートとやらを脱がしな」
「はい」
  すっくと立ちあがった令子が、まるで魂のないロボットのように、無表情な顔つきで近づいてくるのを見ると、本宮貴美子は悲鳴をあげた。
「やめてっ!  先生、しっかりしてください!  私、本宮ですのよ、S女学園の。気でも狂ったんですか」
  台の上の貴美子のスコートの縁に令子の指先が触れた。
「いやっ!  いやよ、先生!  ひどいわ、触らないで!  おねがいだから、もとの湯川先生にもどってちょうだい!」
「狂ってなんかいないわ。狂ってくれたほうが私にもどんなにありがたいことか……でも駄目。ごめんなさい、本宮さん。あなたも電気ショックの味を一度でも体験したら、今の私の気持、少しは理解してもらえると思うけど……」
  純白のスコートのホックがはずされ、ファスナーを指先がつまんだ。
小説の朗読 声:デヴィ

デヴィ

東京都出身1979年1月26日生まれ

160-B86-W58-H842001年『わるのり デヴィ』でデビュー。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧