新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

若妻
夫の部下に囚われて

本を購入

本価格:495(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
白昼の会議室。夫にもされたことのない獣の体勢で、
香織は深々と貫かれていた。しかも、夫の部下に。
駄目よ……私、どうかしてる。感じちゃいけない……。
重くのしかかる罪悪感、抗う心とは裏腹に、
28歳の女体は凄まじいまでの肉の悦楽を求めていた。
若妻にして社長夫人――華麗なる人生の行く末とは!?
登場人物:
かおり(28歳)人妻
シチュエーション:
露出(下着・水着・裸) | 痴漢 | 浣腸 | オフィス | 野外
立ち読み
「恥ずかしくないのかよ、旦那が入院しているってのに、オマ×コをスケベ汁でびしょびしょに濡らしやがって」
「あんまりです。わたしは、そんな女じゃありません」
「そうかい、そうかい、そんな女かどうか、俺がこれからじっくり調べてやるよ。さ、奥さん、あお向けに寝るんだ」
  先ほど、もう次はないと言われたばかりだ。受け入れるほかなかった。屈辱に唇を噛みしめながら、香織はテーブルの上に一糸まとわぬ身体を横たえた。冷たい木の感触に、涙がこぼれそうになる。歯を食いしばって耐えた。泣いたら負けだと思った。
  横になっても、瑞々しく張った乳房の形は、まったく崩れていない。しっかり閉じた脚の付け根には、濡れたままの恥毛が貼りついていた。若鮎のような肌は、二十八という年齢にはとても見えなかった。きゅっとくびれたウエストは、強く抱けば折れそうに見える。呼吸するたびにかすかに上下する膨らみが、妙に艶かしい。
「おい、奥さん、まぐろのようにぼさっと寝ているんじゃねぇよ、膝を立てるんだ」
「は、はい……」
  言われたように膝を立てる。前田はその膝に手をかけると、思いきり左右に割った。
「あっ、そんな!」
  だが、それだけではすまなかった。前田は膝を掴んだまま、ぐっと胸のほうに折り曲げたのだ。応接セットのテーブルは、それほど高くない。膝を大きく開いたまま二つ折りにされた香織の股間は、その秘密のすべてを前田の前にさらけだしてしまった。
「お願い……み、見ないで……」
  夫でさえ、こんな真似はしなかった。それに夫との営みは、いつも照明を落とした寝室のベッドのなかだった。なによりも、優しかった。だが、今は柔らかいベッドの代わりに固いテーブル、そして落とした照明の代わりに、煌々と灯る蛍光灯が香織の恥部をあますことなく照らしている。
「ついにご開帳だな、奥さん。びらびらもクリちゃんも丸見えだぜ」
  香織の媚肉は、まだ色も形も初々しく、人妻らしからぬ清楚な佇まいを見せていた。  前田は、生唾を呑みこんだ。
「……前田さん……後生ですから、もう許して……」
  目を閉じたまま切なそうに哀願する香織を、前田はにやにやしながら見おろす。美貌の若妻に浮かぶ苦悶の表情は、また格別だ。
小説の朗読 声:亜崎 晶

あざき しょう

東京都出身1979年11月10日生まれ 164-B90-W59-H88

写真集や映画、Vシネマにおいて幅広く活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧