新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

女家庭教師・優香

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介

「先生が、好きなんだ。どうしても先生が欲しい!」
少年の無邪気な求愛に、女家庭教師の心と身体は揺れた。
一度きりのはずだった過ちは、教え子が仕組んだ淫の罠。
名門女子大生が勉強の合間に強制される屈辱の口舌奉仕。
年下の少女にまで受ける、耐え難く信じ難い恥辱の数々。
荒淫の果て、未知なる隷属の悦びが女体に、今目覚める。

登場人物:
ゆうか(20歳)家庭教師、みさ(-歳)女子高生、あやこ(-歳)女子高生
シチュエーション:
凌辱 | 肛姦 | レズ・同性愛 | 放尿 | SM
立ち読み

  家庭教師は、その美しい顔を歪め、教え子に対して哀願を繰りかえさなければならなかった。
「お願い。早く」
「早く、どうしたいの」
「ああっ。おしゃぶり、おしゃぶりさせて……」
「なんだか、言葉遣いが生意気だな」
「させて、ください。おしゃぶり……つづけさせてください」
「そんなに頼むなら、いいけど」
  夏樹は、悪戯っぽい顔になっている。
「ひとつだけ聞かせてよ。先生は、顔にかけて欲しいの?  それとも呑みたい?」
  精液のことらしい。
  言われて、優香は愕然とした。顔にかけられるにしろ、呑まされるにしろ、それは耐え難い屈辱だ。しかし、考えてみれば、こうしてつづける以上、どちらかが待ち受けている。
  選ばなければならなかった。それも、今すぐに選ばなければならないのだった。
「あ、あ……」
  目の前で揺れる男性器を見つめながら、優香は力なく喘いだ。それから、小さな声で答えた。
「呑ませて」
  顔にかけられてしまったら、夏樹の母親と顔を合わせたときに、隠しきれないのではないか……。そう思ったのだった。
「聞こえないよ、先生」
「呑ませて……呑ませてちょうだい」
「呑ませてください、だろう?  それに、なにを呑ませて欲しいのか、ちゃんと言ってよ」
「夏樹くんの……あの……」
  声がまた、小さくなってしまう。しかし、優香は勇をふるって、声を高めた。そうしなければ、また言葉の堂々巡りがはじまって、時間を無駄にしてしまいそうだった。
  語尾が長く、哀しげに伸びた。
「せ、精液よ。精液、呑ませて……呑ませてください」
「やらせてあげるよ、先生」
  奉仕することを、繰りかえし哀願している自分がいる。だが、そんなことは、もう気にならなかった。恐怖と心配に急きたてられ、優香は本当に、貪婪になっていった。顎から唾液を滴らせながら、懸命に舌を使っていく。同時に、首をリズミカルに前後させ、強く吸いもした。必死だった。こんなに懸命になにかを行なうのは、これまでの人生でも、ほんの数回しかなかったような気がした。

小説の朗読 声:川奈 まり子

かわな まりこ

乙女座 O型 1967年8月23日生 164-B85(C70)-W58-H87

趣味 読書・ビデオ鑑賞 カリスマ熟女として、Vシネマ、ピンク映画、写真集など幅広い分野で活躍中。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧