新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

蒼い体験
高校生と二人のお姉さま

本を購入

本価格:524(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
初めての女性はセクシーすぎる29歳の従姉妹。
「智也くん……あたしの××舐めてみたい?」
刺激的すぎる甘い誘惑で、僕を夢中にさせる美鈴。
ふたりめの女性は、可憐すぎる24歳の実姉。
禁忌さえ忘れさせる愉悦と切ない昂りに僕は狂った。
大人の世界へ導いてくれる……お姉さまとの蒼い体験。
登場人物:
ゆきえ(24歳)姉、みすず(29歳)従姉妹
シチュエーション:
姉弟相姦 | 病院 | 自慰 | 近親相姦 | 誘惑・挑発
立ち読み
「すごく大きくなってる」
  由紀恵は嬉しそうに唇をほころばせ、ペニスに指を絡めてきた。姉の細くしなやかな指がペニスに触れると、亀頭の鈴口からとろりと透明な前触れの露がこぼれでる。
「ああっ」
  智也は若竿にひろがった快感に、首をのけ反らせて官能の声をあげた。ペニスが官能の電流を帯びたように痺れる。由紀恵は手首をかえして、智也の屹立をしごいてくれた。
「それにすごく硬くなってる」
  由紀恵はいきり勃った智也の肉棒をしごきながら、楽しんでいるような表情を浮かべた。職場である病院のなかで智也と交わる背徳行為に、姉もかなり興奮しているようだった。
「だって……気持ちいいんだ……くふぅ」
「もっと気持ちよくしてあげる」
  由紀恵は口もとを妖艶にほころばせると、智也の前にひざまずき顔をいきり勃ったペニスに近づけてきた。
  白衣を着た姉がフェラチオしてくれようとしている。その姿を見るだけで、智也のペニスはさらにぐぐっと反りかえった。
  由紀恵は鼻先をペニスに近づけると、すっと息を吸いこみ匂いを嗅いだ。学校帰りだから、きっとペニスは臭うはずだ。智也は羞恥を覚え、身をよじらせた。
「あああ、姉さん。匂いなんて嗅がないでよ」
「あら。どうして?  智也だってわたしのあそこの匂い、よく嗅いでるじゃない」
  そう言われるとかえす言葉もなかったが、ペニスの匂いを嗅がれるのは、気恥ずかしいものがあった。
「だ……だって……臭くない?」
  智也は頬を赤らめながら、由紀恵を見た。
「いいえ。すごくいい匂いよ」
  由紀恵は言うと、ふたたび智也の亀頭の匂いを嗅いだ。股間からは、噎せかえるような男の精の匂いが立ちのぼってきている。いい匂いとは言えないはずだが、姉はいやいや匂いを嗅いでいる様子はなかった。羞恥は覚えていたが、愉悦の気持ちも智也の胸にひろがっていた。
「あああ、そんな……焦らさないで。早くしゃぶってよ、姉さん」
  智也は気恥ずかしさともどかしさに身をよじりながら、腰を突きだしペニスを由紀恵の唇に近づけた。
「ふふっ。いいわ」
  由紀恵は形のいい唇を開き、智也の亀頭を口腔に咥えこんだ。姉の口腔の温もりが、ペニスにじわりと沁みこんでくる。
「はあぁぁ」
  智也は惚けたような声をもらし、全身をぶるぶるっと震わせた。亀頭を包みこんだ姉の口腔の感触は、智也の性感を一瞬で沸騰させた。
  とろけるような快感が、ペニスの先端から下半身全体にひろがっていく。由紀恵は亀頭にやんわりと舌を絡めてきた。
小説の朗読 声:中原 翔子

なかはら しょうこ

7月9日生まれ T166-B83-W60-H85

女優業の傍ら、早川ナオミ名義にてAV界の巨匠・代々木忠監督の著書を原作とした3話オムニバス映画をプロデュース。主な出演作として『旧支配者のキャロル』他多数。

中原翔子 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧