新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

熟妻専科

本を購入

本価格:667(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
濃厚な女のフェロモンを発散してやまない熟妻、
満たされずに抑圧された性はいつ癒されるのだろう。
凌辱、倒錯、背徳…せめぎ合う罪悪感と獣欲のなかで知る。
熟妻――その響きは男を狂わせ、虜にするのだと。
下着の誘惑、相姦の淫惑、被虐の禁惑、肛姦の魔惑……。
理性・願望・愉悦に揺れ動く八人の熟妻――衝撃の末路!
登場人物:
はつみ(29歳)人妻、まさみ(29歳)人妻、けいこ(33歳)人妻、あきこ(37歳)人妻、あけみ(38歳)人妻
シチュエーション:
肛姦 | フェチ | 誘惑・挑発 | 羞恥プレイ | オフィス
立ち読み
「こうしてみたかったんでしょう?」
  V字型に開かれたしなやかな脚が顔の脇に伸びている。靖之は迷うことなく白く柔らかな脹ら脛に唇を寄せた。
「ああ、慶子さん……」
「ああっ!」
  慶子の切なげな声が響く。靖之は脹ら脛に這わせた舌を、きゅっと締まった足首へ向けて進めていく。慶子は拒むことなく舌先が這いまわるままに脚を曲げていく。
「そっ、そんなとこっ!」
  慶子の驚くような声があがった。桜貝が並んだような形よいつま先を靖之が口に含んだのだ。
  小さなつま先は口腔内にすっぽりとおさまり、舌先でつま先の指を丹念に舐めあげていく。塩辛い汗の味がしたが、不快な味ではなかった。むしろ夫でさえ舐めないであろう慶子のつま先を味わうことに、言いしれぬ喜びを感じていた。
  たっぷりと舐め終えると、今度はもう一方の脚へと舌先を這わせる。慶子はうっとりとした表情でつま先を舐め味わわせていた。
  つま先を舐め味わいながら視線を落とせば、ぱっくり開いた脚の付け根に慶子のすべてが晒されている。
  靖之は肉棹を握りしめ、上向きにぱっくりと開いた肉洞に肉棹を近づけていく。
(慶子さんのオマ×コに入れられるっ!)
  靖之はつま先を頬張りつつ、肉棹を秘唇に近づけていった。
「んっ、ふうんっ……」
  ぬちょっと熱く湿った感触が亀頭に走った。濡れそぼった肉襞の合わせ目を滑らせるたびに、慶子の切なげな声があがる。  
  さすがに手探りでは位置がわからず、つま先から唇を離して肉棹を掴んだ手もとを覗きこみ、肉棹の先端で濡れそぼつ粘膜を探る。もしも一度放出をしていなければ、このねっとりとした粘膜の感触だけで果てていただろう。
「そう、そこよ」
  亀頭がぬぷっと潜りこんだ瞬間、慶子が囁いた。靖之は一気に腰を沈めた。
「うおおおおおっ!」
「んはああっ!」
  悲鳴が同時にあがり、ぶちゅっという濡れた粘膜が擦れる音とともに、肉棹が熱く蠢く蜜壺のなかへと呑みこまれていった。
(す、すごいっ!  慶子さんのマ×コに入ってるんだ!)
  肉棹に幾重もの襞が絡みつく。内股のストレッチの姿勢は強烈な引き締め効果を生みだし、まるで生き物のように肉棹を締めつけていた。一度果てていなければとっくに暴発してしまっているに違いない。
  覗きこむように結合部を見おろせば、肉棹が出入りするたびに白濁していた粘蜜が溢れだし、白い尻肉を伝っては銀色のマットレスに水たまりを作っていた。
小説の朗読 声:中原 翔子

なかはら しょうこ

7月9日生まれ T166-B83-W60-H85

女優業の傍ら、早川ナオミ名義にてAV界の巨匠・代々木忠監督の著書を原作とした3話オムニバス映画をプロデュース。主な出演作として『旧支配者のキャロル』他多数。

中原翔子 公式サイト
タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧