新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

新妻肛虐生活

本を購入

本価格:619(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:700円(税抜)

獲得ポイント:7pt
書籍紹介
菊座から脳髄へと走る苦痛に慄える白い尻肉が、
見つめる男達、貫く男の淫欲をさらに煽る!
なぜこんな酷い仕打ちに耐えないといけないの……
どうしてお尻を責められて感じてしまうの……
犯される新妻、初美の頭を去来するのは、
新婚生活を肛虐地獄に変えた凌辱事件だった!
登場人物:
はつみ(25歳)人妻
シチュエーション:
肛姦 | 監禁 | 浣腸 | 凌辱 | 張型(バイブレーター)
立ち読み
  し、してッ……ああ、何か入れて……。
  相手が弟であることも忘れて、初美はよがり叫びたくなる。だが、すぐに我が身のあさましさにハッと気づいて、あわてて打ち消すようにかぶりを振った。もう初美の媚肉と肛門は、溢れでたものと唾液にまみれ、しとどに濡れそぼって発情した牝さながらだった。いじりまわされ、舐めまわされればされるほど、媚薬はその猛烈な効きめを発揮する。
「フフフ、したいか」
  竜二が初美に向かって聞いた。初美は激しくかぶりを振ったが、正幸はガクガクうなずいた。
  そんな、だめッ……それだけは、正幸ッ、いけないッ……。
「よし、それじゃつながらせてやろう」
「ひとつ秘密クラブ方式といこうじゃないか。正幸君、女の脚の間に裸になってあお向けになるんだ。フフフ」
  金井と竜二がニヤニヤと笑って言うと、正幸はいそいそとズボンを脱ぎ、下半身裸になって初美の両脚の間にあお向けに横たわった。
  いや、いやあッ……そんな恐ろしいこと、人間のすることじゃないッ……。
  猿轡を涙でグチョグチョにして、初美は泣き叫んだ。
「フフフ、うれしいか、初美。どっちでつながりたいんだ。オマ×コか。それとも尻の穴か?」
「いずれにせよ、できるだけ深くつながらせてあげますよ、初美さん」
  左右から囁きながら、竜二と金井は初美を天井から吊った後ろ手縛りの縄をゆるめた。そのまま正幸の上へしゃがませていくのだ。
「せっかくだから、初美さんの色っぽい声を弟に聞かせてやろうじゃねえか。フフフ、うんといい声で泣いて腰を振り合うんだぜ」
  いやあッ!……
  泣き叫んでも遅かった。竜二の手で猿轡はむごく取り去られていた。
「あ、ああッ」
「ね、姉さん……」
  下で正幸の呼ぶ声がした。まるでその時を待っていたかのように、正幸は自分の手で眼隠しを取りはずした。だが、弟は初美を見ても驚くふうでもなく、欲情に眼を血走らせて、若いたくましい肉塊をそそり立たせて初美を待ち受けるのだった。
「ま、正幸!」
「姉さん……姉さんがいけないんだ。僕はずっと姉さんのことが好きだったのに、ほかの男と結婚なんかするからだ」
  信じられない弟の言葉だった。弟までけだものたちとグルなのか……。
「あ、あ……」
  初美は言葉が出なかった。実の弟とつながらせるべく、少しずつ身体をおろされていく。
小説の朗読 声:松井 早生

まつい さき

1月12日生まれ 161-B83-W57-H84

主な作品として『新任バスガイド 催淫レイプの宴』『北の狼』『愛染恭子の痴漢病棟』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧