新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美人アナ・狂愛のダイアリー

本を購入

本価格:543(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
叔母・響子は、男の視線を一身に浴びる美人アナウンサー。
知性あふれる美貌に、ルージュに濡れた真珠の唇……。
だけど甥だけが知っている。夜の叔母は性の奴隷だ。
黒いガーターベルトをまとい、セックスに溺れるその姿は、
童貞だった少年に、34歳の熟女が持つ淫性を教えてくれた。
狂おしいくらい綺麗だよ、響子叔母さんは最高だ!
登場人物:
きょうこ(34歳)叔母・伯母
シチュエーション:
近親相姦 | 肛姦 | 浴室 | セクハラ | 羞恥プレイ
立ち読み
  初めて見る、生々しいものが目の前にあからさまになった。公太は固唾を呑んだ。カーッと頭に血が昇って、興奮のあまりどうにかなってしまいそうだった。
  薄い唇が合わさったような、赤黒い肉びら。それを縁取るように生えたヘア。こんもりと盛り上がった丘に、逆三角形の形に生えているヘアは黒々と繁茂している。
  それは、公太が想像したものとは大分ちがっていた。ヘアの濃い薄いは個人差があることはわかっていたが、肉びらの色はもう少しきれいなピンク色だろうと想っていたのだ。
  響子叔母さんの歳になるとこんな色になるのかも……と公太は思った。といってもそれで失望したわけではなかった。逆だった。いかにも熟れたという感じの肉びらと、それを縁取るように生えたヘアの眺めは、見てるだけでペニスがズキズキうずくほどいやらしく、欲情をかきたてるものだった。
「ね、触ってもいいのよ」
  響子叔母さんが腰をもじつかせていった。
  公太はドキドキした。緊張もした。両手で恐る恐る肉びらに触れ、そっと分けてみる。
  ぱっくりと肉びらが開くと同時に響子叔母さんが小さな喘ぎ声を洩らした。
  公太は眼を瞠った。赤黒い肉びらの間から現れたのは、きれいなピンク色の粘膜だった。しかもそこは、もうジトッと濡れ光っていた。
「クリトリス、わかる?」
  響子叔母さんがうわずった声で聞いてきた。
「ここ……」
  公太はかすれた声でいって、開いた肉びらの上端に覗いているピンク色の肉芽を指先で触った。同時に「アッ」という声を洩らして響子叔母さんが腰をヒクつかせた。
「そう、そこ。じゃあ膣は?」
  聞かれて公太は一瞬戸惑った。膣は割れ目の真ん中あたりに穴のような感じであって、一目でわかると思っていたのだが、そんなものはなかったからだ。
  ただ、想ったより下のほうの窪みに柔襞が合わさったような部分があった。そこを触って、
「ここ、かな?」
  と、自信なげに聞いてみた。
「そう、そこよ。そこが、公ちゃんのペニスが入るとこ」
  公太はドキッとした。響子叔母さんがふるえるような声でいうのと同時にヌルッとしたその部分が生き物のようにヒクつき、キュッと締まったからだ。
「公ちゃん、クンニって知ってる?」
「うん。舐めるんだろ?」
  興奮が公太を調子づかせた。
「そう。舐めるの、いや?」
「いやじゃないよ。舐めてもいいの?」
「いいのよ。舐めて」
小説の朗読 声:松井 早生

まつい さき

1月12日生まれ 161-B83-W57-H84

主な作品として『新任バスガイド 催淫レイプの宴』『北の狼』『愛染恭子の痴漢病棟』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧