新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

処女未亡人

本を購入

本価格:571(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
黒い喪服の下から現われた、雪のような肌と乳房。
青年は豊かなふくらみへ手を伸ばし、揉みほぐす。
ああ、なんて柔らかく、綺麗な肌なんだろう……。
膝の間からは女蜜があふれ、牡を誘う臭気が漂う。
尻を抱えた勇作は、剛直を深々と埋めこんでゆく。
それが響織子にとって初めての体験だとも知らず……。
登場人物:
きょうこ(30歳)未亡人、まこと(18歳)女子大生
シチュエーション:
自慰 | 覗き | 処女 | 羞恥プレイ | 肛姦
立ち読み
「響織子さん!  入ったよ!  全部、入ったよ!」
  結合部を見おろす勇作。
  勇作の股間と、響織子のそれが密着している。勇作の肉棒は、外からはまったく見えない。しかし肉棒に絡みつく、響織子の湿った襞肉の温かさ、柔らかさを存分に堪能している。
  とうとう、響織子さんのなかに入った!  響織子さんと一つになったんだ!……
  歓喜が爆発する。思わず、響織子を抱きしめた。まるで、すべてを許されたように。
「響織子さん、どう?」
  つい、いらないことを聞いてしまう。しかし響織子は、こんな状況にもかかわらず、勇作を見あげて、答えるのだ。
「はい……あの、わたしからは、なにも……古代さんの、お好きなようになさってください。わたしは、もう……」
  そこまで言って、目を伏せる。
  勇作は、受け入れられた、と感じて、喜んだ。勇んで腰を動かしはじめる。
  うっ、きつい、な!……
  根元まで入ったものの、響織子の肉穴はまだまだ硬く閉ざされているようだ。肉棒が驚くほど締めつけられる。まるで、処女のような……。
  え?  処女……ま、まさ、か!?……
  勇作はここに至ってようやく気づいた。
  これは……響織子のそれは、処女の反応なのではないか?  途中で壁に当たったような感触、あれは処女膜を突き破る時のものでは?
  まさか……まさかまさか……。
  響織子が処女、だった?……
  勇作は恐るおそる、股間を見た。肉棒を引き抜く。
「!…………」
  そこには、そう多くはないが出血があった。肉棒を抜いたことでより明らかになる。
  肉棒の幹に絡みついた処女血が、シーツにも染みとなっている。
「響織子さん、まさか?……」
  思えば、勇作は処女と交わったことがなかったのだ。
  予備校時代の彼女も、処女ではなかった。それを不満に思ったことはなかったし、処女を求めていたわけでもない。
  しかし、八歳年上の、三十歳の響織子が……しかも結婚経験のある、未亡人の響織子が処女だったなんて……。
  やはり、信じられない。
「ごめんなさい、古代さん。ご迷惑を、おかけしてしまいましたね。でも、お気になさらないでください。わたしは古代さんに、なにも要求しませんから」
  そして、ニッコリと笑う。しかしそれは、哀しげな笑みだった。
「響織子、さん……」
  響織子は否定しなかった。勇作の言いたいことはわかったはずだ。やはり響織子は処女だったのだ。それを、勇作が散らした。
  どういうことなんだ?  未亡人の響織子さんが処女!?……
小説の朗読 声:松井 早生

まつい さき

1月12日生まれ 161-B83-W57-H84

主な作品として『新任バスガイド 催淫レイプの宴』『北の狼』『愛染恭子の痴漢病棟』他多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧