新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円
新しくカートに入れた電子書籍 すべて見る
カートを見る 合計金額(税込)0円

美臀未亡人

本を購入

本価格:543(税抜)

カートに追加しました
電子書籍を購入

電子書籍価格:600円(税抜)

獲得ポイント:6pt
書籍紹介
「お願い、少し休ませて。ママ、苦しいの」
父に代わって32歳の媚肉をどん欲に求める高校生。
毎晩のように続く肛姦に、雪江の理性は狂わされる。
雪尻に浮かぶ玉の汗、狭間から漂う恥臭、漏れる雫……
必死で快感に耐える未亡人を見て、少年はささやく。
「今夜はまだ二回しかしてないじゃないか、ママ」
登場人物:
ゆきえ(32歳)未亡人、なお(24歳)女教師
シチュエーション:
母子相姦 | 言葉嬲り | 肛姦 | キャンパス・学園・大学 | 羞恥プレイ
立ち読み
「ねえ、純一さん、ママも……欲しいの……」
  オルガスムスに辿り着きはしたものの、まだ物足りなかった。少年の太棒に貫かれて、重量感のある肉悦を味わいたかった。
「ご褒美に、これでママを犯して欲しいの……」
  唾液まみれの剛棒を握って、雪江は恥ずかしそうに訴えた。ちゃんとエッチなママを演じたでしょ、と潤んだ瞳で純一を見あげた。
  舌技を再開すると、肉塊はまた硬度を戻してきた。挿入への期待が高まる。
「どっちに?」
  義母を試すような言い方だった。雪江の答えは一つしかなくなる。
「ママの……お、お尻に……」
  赤い顔をして告げ、雪江は身体の向きを変えた。突き刺してもらえるならどこの穴でもいい、というのが本音だった。それほど情欲が身体の内で盛りあがっている。
  雪江は四つん這いの姿勢でドレスの裾を捲った。純一に向けてムッチリと脂ののった双臀を差しだすと、そのまま後ろにさがっていった。
「ごめんなさい。ママ、我慢できないの……」
  雪江は後ろ手にペニスを支え持ち、自分の排泄孔へと押し当てた。脚をひろげてソファに浅くかけた純一が、楽しそうに母親のすることを見ていた。
  ゆっくりと後ろにさがり、添えた指で息子の肉茎を逃さぬようして後口へと差しこんでいく。入り口が裂かれる感覚に、雪江は眉間を切なげにたわませる。
「あうッ、純一さま……」
「ふふ、ママのなかに呑みこまれていくよ」
  メリメリと関門が拡張される音が聞こえてくるようだった。歯を食いしばって雪江は後ずさりつづけ、やがてヒップにぴたんと純一の下腹が当たった。
「ああ……お尻のなかまで純一さんが入ってる……」
  腸粘膜を拡張される息苦しさが、頂点に達していた。口で浅く呼吸し、苦痛と紙一重の充塞感を、未亡人は噛みしめるように味わう。
「ママ、ぼくのほうが我慢できなくなってきた」
  両腕が純一に掴まれた。そのまま背中のほうへと引きあげられる。
「あんッ、純一さん……」
  少年は腕を手綱のようにして雪江の身体を引き絞ると、腰を突き入れてきた。
「待って……駄目ッ、は、激しすぎるわ……」
  まだ太い肉茎に順応していない直腸の膜を、引きずりだされてしまいそうな恐怖が雪江を襲っていた。顎を突きだし、ガクガクと揺らす。
「でも、気持ちいいんでしょママ、ぼくのチ×ポ、こんなに締めあげちゃって」
  身体を壊されそうな恐怖が、逆に異常な性交の愉悦をより際立たせる。ひと突きごとに肛姦の快楽が未亡人の肉体を鋭く走った。
「ああ、きつい。きついわ……」
小説の朗読 声:北川 絵美

きたがわ えみ

156-B86-W58-H84

主な作品としてDVD『Pretty Blue』、Vシネマ『牝牌 8』映画『OLKD』『修羅のみち・7、8 』『凶気の桜』、TV『特命係長 只野仁』など多数。

タグとは

この書籍に付けられたタグ

おすすめの関連本・電子書籍
電子書籍の閲覧方法をお選びいただけます
ブラウザビューアで読む

ブラウザ上ですぐに電子書籍をお読みいただけます。ビューアアプリのインストールは必要ありません。

  • 【通信環境】オンライン
  • 【アプリ】必要なし

※ページ遷移するごとに通信が発生します。ご利用の端末のご契約内容をご確認ください。 通信状況がよくない環境では、閲覧が困難な場合があります。予めご了承ください。

ビューアアプリ「book-in-the-box」で読む

アプリに電子書籍をダウンロードすれば、いつでもどこでもお読みいただけます。

  • 【通信環境】オフライン OK
  • 【アプリ】必要

※ビューアアプリ「book-in-the-box」はMacOS非対応です。 MacOSをお使いの方は、アプリでの閲覧はできません。 ※閲覧については推奨環境をご確認ください。

「book-in-the-box」ダウンロードサイト
一覧 電子書籍ランキング 一覧